« 15年ぶりのパスタソース | トップページ | つくられた暴君(1) »

2013年5月27日 (月)

「歩くケアマネ」の現実は?(1)

私は、「町を歩くケアマネ」と称されていますが、実態はどうなのか・・・と聞かれることがあります。

本日現在、私のケアマネジメントを利用されている方は32名いらっしゃいますが、統計的に整理してみました。

(1)常に徒歩で訪問 12名

(2)緊急時を除き、バス+徒歩で訪問 3名

(3)徒歩で訪問することが多いが、ときに車を使用して訪問 3名

(4)車で訪問することが多いが、ときに徒歩か、バスや電車を使用して訪問 4名

(5)ほとんど車を使用して訪問 10名

このような数字になります。「歩いて」訪問することが多いのは、(1)(2)(3)のパターンのお宅で、合わせて18名になります。(2)は駐車場所がないお宅で、緊急時は近くの店舗などに車を置いて訪問する(本来はNGですが・・・)形になります。(5)が10名という数字は、車で定期訪問するお宅も結構多いということですが、今後自分自身も加齢とともに「体力勝負」になることを考えると、徒歩で訪問する分量を維持して体力をつけなければならないので、車で訪問する利用者の数をあまり増やすわけにはいかないと、留意しています。

バスや電車を使わずに歩く目安ですが、おおむね片道30分未満のお宅です。この基準は、春や秋の快適な気候の時期も、猛暑の真夏も、厳寒の真冬も、全く変わりありません。徒歩の代わりに自転車を使用する場合もありますが、諸事情によりその頻度は減っています。

また、(4)(5)に該当するであろうと思っても、初回訪問で初めてその地域へ伺う場合(すでにすぐ近くに私のケアマネジメントを利用された方があり、現地の地理がわかっている場合を除く)には、原則として車を使わないようにしています。車で訪問するより、自分の足で歩いたほうが、家の周囲の風景がよく把握でき、アセスメントに有益だからです。

都市部のケアマネジャーの皆さんは、この記事をお読みになって、私のスタイルをご自分のスタイルと比較してみても、面白いのではないでしょうか。

« 15年ぶりのパスタソース | トップページ | つくられた暴君(1) »

ケアマネジメント」カテゴリの記事

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 15年ぶりのパスタソース | トップページ | つくられた暴君(1) »

フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31