« 「歩くケアマネ」の現実は?(2) | トップページ | つくられた暴君(3) »

2013年12月13日 (金)

ヴェルディ歌劇の面白さ(5)

7日(土)、上野の東京文化会館でトリノ王立歌劇場引っ越し公演、ヴェルディの『仮面舞踏会』を観賞。

指揮はジャナンドレア‐ノセダ(敬称略、以下同)、演出はロレンツォ‐マリアーニ。キャストはリッカルドがラモーン‐バルガス、アメーリアがオクサナ-ディカ、レナートがガブリエーレ‐ヴィヴィアーニ、ウルリーカがマリアンネ‐コルネッティ、オスカルが市原愛、サムエルがファブリツィオ‐ベッジ、トムがホセ‐アントニオ‐ガルシア。

もともと、この歌劇の題材は、スウェーデン国王グスタフ3世が仮面舞踏会の最中に暗殺された事件(1792)だったのですが、当時の官憲の圧力により、舞台設定がストックホルムから英領ボストンに変更され、同時に登場人物の名前も変えられました。その後、ストックホルム版も復活して、ときどき公演されています。今回の上演はボストン版でした(写真はプログラムです)。

20131207unballoinmaschera

マリアーニの演出の特徴は、舞台が白・黒・赤の三色で埋め尽くされていたという一点に尽きます。白と黒は単純な善悪の区別ではなく、同じ人物(たとえばレナート)の衣装が白になったり黒になったりと、登場人物の心理的変化を微妙に表現しています。赤について言えば、第一幕でウルリーカがリッカルドの死を予言したとき、リッカルドの顔に赤いスポットライトが当たる場面は秀逸。また第三幕では、レナートとアメーリアの愛が育まれた場所だったベッドの赤い枠が、折れて床に倒れていたのが象徴的でした。

歌手はバルガスがリッカルドを好演。やや抑揚をつけ過ぎて、一部、声が小さくて聞こえにくかった箇所がありましたが、演技は見事でした。ヴィヴィアーニのレナートは朗々としたバリトンの歌唱で会場を魅了し、ディカのアメーリアも出色の出来でした。ベッジのサムエルはあまり目立ちませんでしたが、コミカルな歌唱で第二幕の「レナート嘲笑」の場面を聞きごたえあるものにしていました。対照的にコルネッティのウルリーカは、会場からの拍手は多く寄せられたものの、声の揺れがやや大きく、私の耳では聞きづらい歌唱でした。

その夜は江戸川区で開業する同業者と食事。翌日、午前中はいくつか書店などを散策しましたが、最後に八重洲ブックセンターへ立ち寄ったとき、介護関係の書籍のコーナーで、何と自分の著書が平積みにされているのを発見してビックリ!

20131208yaesu

地元ではほとんど書店の店頭にさえ見かけないので、驚きでしたが、そこそこに需要はあるんだなあと思い、嬉しい気持ちで浜松へ帰りました。

« 「歩くケアマネ」の現実は?(2) | トップページ | つくられた暴君(3) »

文化・芸術」カテゴリの記事

著作」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「歩くケアマネ」の現実は?(2) | トップページ | つくられた暴君(3) »

フォト
無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント