« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

「オヨヨ」ケアマネにならないために(2)

(前回より続く)

私は過去の一時期、全国の独立・中立型のケアマネジャーと協働して団体を作り、その運営に携わっていた(残念ながらいまは活動停止状態になってしまい、私自身も退会している。別の複数の団体が同様な活動をしているようだ)。私自身、そのような経過から、全国区で一定の発信力を持っていたことは確かだ。毎年、複数の業界メディアから「独立型ケアマネ」の立場での寄稿を依頼されていた。

いま、この分野における自分の発信力が大幅に減退したことは確かである。政策の変転により、ケアマネジャーが「公正中立な独立」の立場を採ることの重要性が減じたことが、大きく影を落としている。特に私のような「一人親方」の独立型ケアマネは、業界の内外から、ある意味で時代遅れの存在だと見なされているのかも知れない。

しかし、私のスタイルが何ら変わったわけではない。12年半、同じ立場を貫いて仕事をしてきている。ケアマネジャーが利益相反を回避するために、あらゆる介護サービス事業者から等距離にあるべきだとの原則論は、全く変わっていないはずだ。変えなくても良いスタイルを変えないことによって、私の相対的地位が下がったとしても、私が「オヨヨ」ケアマネになったわけではない。

それどころか、自分の仕事では容量が許す限りのイノベーションを進めている。この12年半の間に、外部評価の手法を学んで地域資源の選択に取り入れ、徒歩による居宅訪問先を増やして市街を大きな面として把握し、産業日本語の分野では業界で嚆矢とさえ言われる著作まで刊行した。さらに最近は「IPE」「もんじゅ」「アローチャート」「パーソンセンタードケア」など業界の革新的な動きに関する情報を意欲的に仕入れ、学んでいる。

これらの新しい動きに携わる人たちの中には、私と同年代の人もいるが、動きの中核になっているのは20代後半~40代半ばの若い人たちである。私自身、年代の垣根を越えて、各地の若い業界人たちと広く交流し、その人たちから学びながら、自らをリフレッシュしていくことを願っている。仕事で最も大切にしている利用者本位の概念も、絶えず新しい考え方が注入されることにより、進化・深化しつつあるからだ。

裏を返せば、一時的に名前が知られたり、一発屋のように何かが当たったりしても、そこから行動変容・イノベーションを進めていくことができず、過去の栄光にすがり、一時期すれ違っただけの空虚な人間関係の亡霊を抱いたままで仕事をしているケアマネジャーが、「オヨヨ」ケアマネに当たる存在だと、私は考えている。そういう人たちが地域の業界の足かせにならないように、周囲が考慮していくことが求められるだろう。

お読みになった方、特に年功を重ねたケアマネジャーさんは、ぜひ、自分は大丈夫かな? と振り返っていただければ幸いである。

2014年3月23日 (日)

「オヨヨ」ケアマネにならないために(1)

「オヨヨ」ケアマネ。どこで聞いた言葉だろうか? ずっと前なので覚えていない。

しかし、その言葉が話題になったときの、あいまいなやりとりの記憶から、おおよその意味は理解している。確か私は、「そういう困った人もいるんですよねー」などと話したような・・・。

「派手な言動・パフォーマンスで注目を集めても、そこから先はサッパリのケアマネ。その行動力は基本的に狭い地域、狭い人間関係の範囲内に限られる」といった定義がいちばん妥当か。

特に、「オレは○○の知り合いだ」「アタシは△△さんとも話してるのよ」といった具合に、業界の著名人とのつながりを強調するが、単なる自己満足の背伸びであって、濃厚なネットワークを構成する能力を持たない人たちが、「オヨヨ」ケアマネの典型と言えよう。

たとえば、私が「○○さんの知り合い」と言うときには、電話やメール一本で、相手に研修とか、調査研究とか、情報提供とかを依頼できる関係(相手の都合によって、すぐに対応してもらえない場合があるにしても・・・)ができている場合を指す。SNSの普及により、私にもまだ会ったことのないフェイスブック上の「知り合い」が増えたが、それでも私は顔の見えない相手と無闇に「FB友達」にならないようにしているので、基本的に「知り合い」との間ではおおむね、上述したようなやりとりができている。

だから、再三細かく説明しないと相手が自分の立場や依頼の趣旨を理解してくれないような関係は、「知り合い」とは言えないだろう。ましてや、単に何かの会合の際に著名な参加者と短時間会話しただけで、その相手が自分のことを覚えてくれておらず、依頼するときに、自分が何者かについて、一から説明しなければならないような関係なら、論外だ。

ちなみに、そんな関係にある著名人に関して、私が他の人と何か話すときに触れる場合、「一度会ったことだけはありますが、それだけのことで、先方は私のことを覚えていないと思いますよ」と断って、決して「知り合い」でないことを強調する。そうすることで、聞き手にも誤解を与えないからだ。

「オヨヨ」ケアマネにはそれができない。業界で自分の位置を高く見せようとして、虚構としか思われない人間関係を、あたかも連携の実質が存在するかのように強調するのだ。もちろん、こういう人はケアマネだけに限らず、どの職種、どの業界にも存在する。そもそもこの種の人物は、おしなべて良質なネットワークを築く力が欠落している。それだけに、その誇張の鍍金(メッキ)が剥がれたとき、なおさら哀れに響く。

もし、こういうケアマネが研修に参加して、本題と無関係な自分の虚飾について滔々と述べ始めた場合、コーディネイターやファシリテイターはどうすべきだろうか?

私ならば、毅然として制止する。

「いまはそのテーマについて話す場面ではありません。あなたがお持ちのネットワークについては、機会を改めて語ってください」

もちろん、自分にそれだけのバックボーンがあるから、そう言っている。

(次回に続く)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

フォト
無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント