« 虚礼廃止は介護業界から | トップページ | どーでもいい話 »

2015年6月30日 (火)

歴史上のマイナー王朝(1)

中国古代の史書をひもときたくなり、『南斉書(なんせいしょ)』をめくっている。

「南斉」とは、少しあとの「北斉」と対比した呼び方で、本来の国名は「斉」。中国(漢民族支配地域)の南半分を領有した王朝だが、存続したのは479年から502年。足掛け二十四年の短命王朝で、その存続した時期に限るならば、歴史に名を残すほどの著名な人物も出ていない。

だが、意外にも私が幼少のころ愛読していた世界史の本に載っていた画像に、この南斉の建国者が描かれていたのだ。いまは処分してしまったので、残っていないのだが。

倭の五王、と言えばご存知の方も多いと思う。子ども向きにわかりやすく編集されたその本には、最後に登場する倭王「武(雄略天皇に比定されている)」が南朝の「宋」に送った使節が、宋の皇帝=順帝(じゅんてい)に謁見する場面の絵が描かれていた。その順帝のすぐ下段に、順帝より偉そうな顔をした年輩のヒゲ男が立っていた。

その人の名は蕭道成(しょうどうせい)。このとき、すでに宋の政治の全権を握っており、倭王武の使節をもてなしたのも、実質的にはこの人物であった。ほどなく順帝を廃位した蕭道成は、皇帝に即位して南斉の高帝(こうてい。位479-482)となる。

自分が中国古代史に興味を持ったのは、中学生のときだったが、高校生ぐらいになって、そのボロボロの本を取り出してみて、皇帝よりも偉そうな男が次の王朝の開祖なのだと、ようやくわかったものだ。倭王武の使節も、「宰相の蕭道成に徳があって偉大だから、遠方の国がわざわざ使者を遣わしたのだ」といった権威づけに利用されたろう。

建国してからの南斉王朝、前期の十三年は平穏だったものの、後期の十一年は、宗室(皇族)や大臣の殺し合いが絶えず、蕭氏の遠い一族である蕭衍(しょうえん)に取って代わられてしまった。この蕭衍が梁(りょう)の武帝であり、以後半世紀近く江南を統治する人物である。

20150630nanseisho

しかし、梁代に活躍する政治家や文人たちは、実は南斉時代、蕭子良(しょうしりょう。460-494。高帝の孫)のサロンに集まり、文化的センスを養われた人物が少なくない。上の画像は「竟陵王〔蕭〕子良伝」の冒頭部分。蕭衍をはじめ、范雲(はんうん)、沈約(しんやく)、任昉(じんぼう)など、みなこのサロン育ちである。この蕭子良の没後、南斉王朝は内部崩壊してしまったが、その後継者たちが六世紀前半に、南朝の仏教文化を花開かせたのだ。

歴史上はマイナーな存在であっても、形を変えて影響を残した王朝が散見される。機会を見て、そういった王朝の歴史をたどってみたい。

« 虚礼廃止は介護業界から | トップページ | どーでもいい話 »

中国史」カテゴリの記事

コメント

粟倉先生、こんばんは。中国古代の史書ですか~☆

せっかく画像を載せていただいたので、
私でも一行くらい分かる文があるかも…
と思い、ジ~ッと見てみましたが、
案の定、一文も分かりませんでした( ;∀;)

こちらの史書には、中国古代のドラマが
記されていて、そういった考察ができるのですね。

「 歴史上のマイナー王朝(1) 」と題されており
ますが、続編があるということでしょうか!?

次回更新、楽しみにお待ちいたしております(≧▽≦)

中山さと子さん、
ときどき、介護や高齢者分野と関係ないネタも載せています^^;
業界には他に、もっと更新頻度が多い役立つブログも少なくありませんので、広くいろいろとお読みになっていただければ幸いです。
なお、(1)と付けたエントリーは、特段の事情が生じない限り、「次」もありますが、あまり期待せずに待っていてください。

こんにちは。

いつも拝見しています。
ちょうど、先週、発売されたばかりの「王朝晦冥なり」を読了したところだったので、面白く読みました。
劉宋の興亡を描いた作品です。
マイナーな王朝でも、日本では小説化されるあたり、私たちはやはり中国史好きなんだなぁ、と。

私自身も、学生時代に読んだ陳舜臣氏の「中国の歴史」以来、中国に傾倒して今に至っております。
先生も、よろしければチェックしてみてはいかがでしょう。
(すでに読んでおられましたらすみません)

たろんさん、コメントありがとうございます。
そんな小説があったんですね! 知りませんでした。機会があったら買い求めてみます。
自分のHPで、もともと「諡」が主題ではありますが、南朝宋については、
http://homepage2.nifty.com/gioan-awk/posthumoustitle14~song_liu.htm
に記載しました。
かなりマニアックな内容になっていますが、お暇なときにでもご覧ください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 虚礼廃止は介護業界から | トップページ | どーでもいい話 »

フォト
無料ブログはココログ
2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他のアカウント