« 介護離職についての考察(2) | トップページ | 私の海外旅行歴 »

2016年3月30日 (水)

地方史を読む

最近は全く増えていないが、私の自宅には結構な数量の蔵書がある。自分の趣味関係で、歴史ものが圧倒的に多い。ただし、カトリック教会に関するものを含め、古代から近世にかけてのものが大部分で、近現代史に関する蔵書は少ない。

国史では中世・近世大名の家や藩に関するものが多い。カテゴリーで分類すれば「地方史」ということになる。藩主や補佐役などの人物伝を中心に、その種の書籍が書棚に埋まっている。

家(藩)別に分類すると、多い順に下記のようになる。史料・研究書(単行本・新書等)・論説・随筆等の一般書をすべて含めた数字である。上中下など分冊になっているものは、合わせて1冊と数えた。

(1)上杉家・米沢藩関係 9冊
(2)毛利家・長州藩関係 5冊
   伊達家・仙台藩関係 5冊
(4)島津家・薩摩藩関係 4冊
(5)佐竹家・秋田藩関係  3冊
   保科松平家・会津藩関係 3冊

その他は2冊以下である。なお、一大名ではないが、徳川一門関係は上記の保科松平家を含め、全部合わせると20冊近くになる。また、足利一門(細川・最上等は除く)関係は、江戸時代の喜連川家について書いたものまで含めると3冊あるので、「同率5位」となる。

20160330zousho

上杉家関係が多いのは、私が上杉鷹山(=治憲。1751-1822)を尊敬しており、関連書籍を多く求めたことによるものだ。個人的には直江兼続も好きな人物の一人である。

伊達・毛利・島津・佐竹は、戦国時代の有力大名、江戸時代の外様大藩である。それぞれ織田・豊臣・徳川のいずれかの政権によって身代の縮小を余儀なくされながら、近世大名として脱皮して地方文化を花開かせた。その歴史の中では、重臣群の入れ替えがあり、お家騒動の克服があり、財政再建があり、いくつもの難局に遭遇しながら、どの藩も大所帯を切り盛りして江戸期を生き抜いてきたのである。

私たちはこのような歴史を鑑としながら、現代の地方自治体や各業界のあり方を考えていく必要があろう。時代によってスタイルは異なっても、人が行うまつりごとに違いはない。当時の人たちの知恵には学ぶべきであろうし、応用できる手法は決して少なくないからだ。

また、人物の評伝を比較参照しながら読みたい方には、故・海音寺潮五郎や井沢元彦氏などの、洞察力に優れた作家が書いたノンフィクションをお勧めしたい。

« 介護離職についての考察(2) | トップページ | 私の海外旅行歴 »

日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 介護離職についての考察(2) | トップページ | 私の海外旅行歴 »

フォト
無料ブログはココログ
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント