« 浜松のラーメン店(3) | トップページ | 「仁義なき政争」 »

2016年5月18日 (水)

「懐疑」のすすめ

「懐疑」と言えば、アカデミックな用語に聞こえるかも知れない。だが、ここで述べる内容はきわめて単純なことだ。

みなさんも数の多少はあれ、何かを間違えて理解していたという経験をお持ちだと思う。私も相当な年齢になるまで、誤解したまま放置していたことがある。

「あぶない」という言葉が、英語由来だとばかり思っていたのだ。

危険が迫って猶予がならない状況に出くわして、とっさに「あぶない!」と言えば、英語でもほぼ同様な意味で通じる。「Have an eye !」=「片目でもいいからしっかり見ろ!」←「危険だ!」というフレーズの発音と、ほぼ同じ発音に聞こえるからである。

おそらく、私は幼少時に何かの本を読むか、TVを見るか、何らかの媒体からこの「Have an eye !」についての説明を聞いて、「あぶない」が英語由来の言葉だと、てっきり思い込んでいたものと推測される。

事実は、日本語にも古くから「あぶなし」という単語がある。かつては「軽率に行動して他人に迷惑をかけそうだ」の意味が強く、むしろ、「あやふし」のほうが現代語の「あぶない」に近かったが、中世以降は統合されて「危険が見込まれるので心配だ」の意味になった。

れっきとした日本語の形容詞である以上、危急の際に間投詞的に使用される「あぶない!」が、英語の「Have an eye !」と同様な意味であるのは、単なる偶然以外の何ものでもないわけである。

しかし、私がガキの頃から「あぶない」は英語だと思い込んでいた理由は、以下のいずれかであろう。

(1)幼少時に受信した説明が間違っていた。すなわち、発信側に問題があった。

(2)幼少時に受信した説明は正しくなされていたが、私が誤解していた。その誤解の原因は、たとえばTVなら番組を一部しか見ていない、本なら前後の説明をきっちり読んでいないなど、さまざまなものが考えられるが、いずれにせよ、受信した私の側に問題があった。

(3)上記二つの相互作用。発信側も(単なる物知らずによるものか、または特別な意図によるものか)十分な説明をせず、受信側の私も自分で調べていなかった。

以上の三つの可能性が考えられる。

これらの誤謬を補正していく力が、大人の「知的体力」である。『これでいいのか?日本の介護』第7章や第12章でも述べたが、特に日本人の多くは、情報を受動的に疑わないまま獲得し、それに流されてしまう傾向がある。自ら主体的に情報を獲得・精査していく、また一度獲得した情報も真正なものであるかを確認していく癖をつけないと、知的体力の不足を招き、ひいては社会全体に致命傷をもたらす。言葉一つぐらいのことなら大した問題ではないのだが、大きな社会事象や政治・経済などに関わる誤解が積み重なり、それがまた多くの国民に共有されてしまうと、まさに日本を「あぶなく」してしまうのだ。

そのためにも、私たちは「自分の理解・思考・行動はこれでいいのか?」と、常に疑っていく姿勢が求められる。すなわち「懐疑」である。たとえば前述の例で、もし発信者が「英語がすべての言語に優越する」などの偏った思想を持っていたのであれば、「あぶない」が英語由来だとの説明を聞いた人は、すべてその罠にはまってしまう恐れがあることになる。

言語学のみならず、社会の各分野にそれは当てはまる。もちろん「介護」もしかり。意図的な発信に限らずとも、たとえば30年前の介護の常識のうちかなりの部分が、いまや常識では無くなっている現実があるのは、経歴の長い業界人であれば当たり前に感じているところであろう。にもかかわらず、30年前の常識をそのまま踏襲して現場で仕事をしている業界人が、少数とは言え存在することは、残念ながらまぎれもない現実である。

自分自身を成長させ、時代を動かしていくためにも、みなさんに「懐疑」の精神をお勧めしたい。

« 浜松のラーメン店(3) | トップページ | 「仁義なき政争」 »

介護」カテゴリの記事

国語」カテゴリの記事

社会問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 浜松のラーメン店(3) | トップページ | 「仁義なき政争」 »

フォト
無料ブログはココログ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他のアカウント