« 開業15年、明日へ! | トップページ | 歴史上のマイナー王朝(6) »

2016年8月30日 (火)

スポンサーは要らない

介護業界、さらに広く保健・医療・福祉業界では、他の業界と同様に、年中絶え間なく、各地でさまざまなイベントが開催されている。そのようなイベントのプログラムや報告書にはさまざまな企業の広告が掲載されている。会場でもさまざまな企業の企画ものがブース展示されている。

イベントの運営資金のうち大きなものとして、広告収入やブース出展料収入などがあり、スポンサー企業は広告・宣伝費を運営団体に支払って、プログラムに広告を掲載し、あるいは会場にブースを設けて商品を展示・宣伝する。ごく普通の経済活動の一環であり、運営団体と企業の双方にとってウィン・ウィンの関係が生まれ、また参加者にとっても最新の商品情報を知る機会になる。業界全体にとって有益なことは言うまでもない。

ところが、これまで私が中心になって企画した全国レベルのイベント(と言っても、きわめて小規模なものばかりだが...)では、原則としてこのようなスポンサー企業を募らなかった。なぜかと言えば、それらのイベントが「独立・中立型」ケアマネジャーの団体に属するものだったからである。

スポンサー企業を募れば、応募してくるのはおもに全国展開の介護サービス企業である。団体がその企業からお金をもらって運営資金の足しにすれば、団体のメンバーである独立・中立型のケアマネジャーが地元に戻った後、その企業の地元営業所から声を掛けられて便宜を図るよう懇請されたときに、心情的に断りにくくなる。これでは公正中立を旨とする「独立・中立型」とは言い難いであろう。

むろん、そこを乗り越えて公正・中立を徹底し、企業側のいかなる事情も排して利用者に最善の選択をさせるのが、プロのケアマネジャーでしょ? と言われればその通りなのであるが、同じ事業形態を取って団体に入会していても、残念ながら純度にはかなりバラツキがあったのが現実だ。

また、もう一つの問題として、参加した人たちから、「独立・中立型」の団体としてそのスポンサー企業のサービスを推していると誤解される恐れもあった。「あそこが資金提供を受けて紹介するぐらいだから、良いサービスを提供するに決まっている」と理解されてしまうと、単なる広告やブース展示にとどまらず、結果的に団体が企業の宣伝の片棒を担いでしまうかも知れないとの懸念だ。

このような事情から、「スポンサーは要らない」ということになったのである。こんな愚直なことをやっているから、団体にお金が貯まらなかったのは当然であろう。いまは私も退会してしまい、この団体は事実上の活動休止状態になっているが、会員が離れていく一つの要因に、資金不足があったことは否めない。資金があれば事務局を担う会員にしかるべき手当を拠出して、会務がたびたび滞ることも防げたはずだ。

私個人としても、この馬鹿正直路線で15年間やってきたので、貧乏ケアマネの仲間から脱け出ることは、残念ながらできなかった(笑)。何しろ、利用者を紹介してくれた当の事業者を「蹴る(選択肢から外す)」ことさえ、ときどきやっていたのだから、また続けて利用者を紹介してほしいと願うほうが無理だ(^^;

ただし、私はいまだに、この路線を変更する意図が全くないことも、明言しておこう。

« 開業15年、明日へ! | トップページ | 歴史上のマイナー王朝(6) »

ケアマネジメント」カテゴリの記事

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 開業15年、明日へ! | トップページ | 歴史上のマイナー王朝(6) »

フォト
無料ブログはココログ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31