« 永遠のローマ? | トップページ | ヴェルディ歌劇の面白さ(11) »

2018年2月11日 (日)

ヴェルディ歌劇の面白さ(10)

歌劇に登場する主人公や重要登場人物のうち、歴史上実在した人について、現実の人物像を紹介するエントリー。

今回からはG.ヴェルディの作品である。

(1)ネブカドネザル2世(Nabû-kudurri-uṣur Ⅱ/紀元前634頃~前562)

ヴェルディ初期の歌劇『ナブッコ』(1842初演)のタイトルロール(主人公)。
バビロニア王国・カルデア王朝二代目の国王。父王ナボポラッサルを補佐して対外戦争を指揮、カルケミシュの戦(前605)でエジプト軍を撃破し、翌年には父の後を継いでバビロニア王となり、エジプトと交戦を繰り返した。前587年にはエルサレムを包囲してユダ王国を滅ぼし、多くのユダヤ人をバビロンに連行して強制移住させたが、これが「バビロン捕囚」である。領土拡大により通商の拠点を押さえ、首都バビロンでは土木事業を興してイシュタル門などを建設した。

歌劇の台本は旧約聖書『ダニエル書』の記述、ネブカドネザルがエルサレム征服後に(ユダヤ教の)神を信じたという伝承(おそらく虚構)を踏まえ、テミストークレ‐ソレーラが創作したものである。妻子を失った直後、最悪の精神状態だったヴェルディだが、支配人から押し付けられた台本を読んで次第に興味を示し、作曲を完成、成功を収めた。

自ら台本を書いたワーグナーと違い、ヴェルディはもっぱら作曲する人だったので、初期や前期の台本はヴェルディの意図をあまり反映していない。しかし、この歌劇は「偉大な神のはからいへの賛美と回心」を契機に、どん底にあったヴェルディが立ち直ることができた貴重な作品である。史実のネブカドネザルはユダヤ教の信仰とは無縁の、きわめてドライな政治家だったから、皮肉な話であるが...

(2)フランチェスコ‐フォスカリ(= Francesco Foscari/1373-1457)

ヴェルディ前期の歌劇『二人のフォスカリ』(1844初演)の主人公。
中世ヴェネツィア共和国の有力な家系に生まれ、1423年にドージェ(国家元首)に選出。34年もの長い間ヴェネツィアを統治し、その間、スフォルツァ家のミラーノ公国との戦争で大きな功績を上げた。しかし、晩年に息子のヤコポが汚職と対敵通謀のかどで十人委員会(もともと元首の独裁を阻むために創設された評議機関であるが、このころには委員会自体が強大な権力に変貌していた)から有罪とされ、クレタ島に配流、客死する。フランチェスコはその後もドージェの地位に留まったが、息子の罪を理由に十人委員会から廃位され、翌日に死去した。

フランシスコ‐マリア‐ピアーヴェの台本は、史実を反映させたバイロンの叙事詩に基づいたもので、かなり荒削りで評価はあまり高くないのだが、それにもかかわらず、ヴェルディの音楽は中・後期の作曲につながる独創的な構成により、フランチェスコとヤコポ夫妻との家族愛や苦悩を活写する作品に仕上げている。

(3)ジャンヌ‐ダルク(= Jeanne d’Arc/1412頃-31)

ヴェルディ前期の歌劇『ジョヴァンナ‐ダルコ』(1845初演)のタイトルロール。
日本ではジャンヌの名前を知らない人のほうが珍しいので、略歴は割愛する(^^;

歌劇の台本はシラーの原作を基にソレーラが書いたのだが、史実から大きく改変されてしまった。ジョヴァンナ(ジャンヌ)が悪魔の誘惑によってフランス王シャルル7世と恋に陥りそうになり、怒った父親ジャコモの差し金で敵の捕虜となるも、恋愛感情を克服したジョヴァンナの本心を知ったジャコモによって解放され、戦場に赴いて戦死する話。当然のように、上演の結果は多くの観客が納得するものではなく、不評であった。ヴェルディが一応売れっ子の作曲家になったとは言え、いまだ与えられた台本に依拠して作曲せざるを得なかった時期の、不運な作品の一つと言えよう。

(4)アッティラ(= Attila/406頃-453)

ヴェルディ前期の歌劇『アッティラ』(1846初演)のタイトルロール。
434年、伯父の後を継いでフン族の王になった(445年頃までは兄ブレダと共同統治)。437年にはヴォルムスを攻撃してグンダハール(「ワーグナー楽劇の面白さ(11)」参照)のブルグント王国を滅ぼし、ライン川からカスピ海に至る大帝国を建設、ヨーロッパ一帯で「神の鞭」と言われて恐れられた。しかし、451年にはカタラウヌムの戦でローマの将軍アエティウスと西ゴートの連合軍に敗れ、452年にはローマ侵攻へ向かう途中、軍団に疫病が発生したらしく、ローマ教皇レオ1世との会見を機に撤退している。不本意な膠着状況の中、453年に急死。子どもたちの後継者争いから、大帝国はまもなく瓦解した。

ローマの将軍アエティウス(= Flavius Aetius/391-454。劇中ではイタリア語読みのエツィオで登場)も、ローマ教皇レオ1世(= Leo Ⅰ/400-461。劇中では老人レオーネとして登場)も、アッティラに対峙した代表的な人物である。
歌劇の台本はヴェルディ自身の提案を受け、ソレーラが書き始めたが、彼が途中で仕事を投げ出したため、ピアーヴェが引き継いだ「つぎはぎ」の台本になってしまい、公演を重ねて成功を収めるまでに時間がかかった。
劇中でアッティラは北欧の神々の信者になっているが、これは虚構で、フン族の宗教についてはよくわかっていない。また、アッティラが家来に裏切られ、妃(劇中ではオダベッラ)に殺されるのは、俗説を受けたもので、史実では飲酒の後、鼻から大量出血したことにより死亡している。
しかし、ローマの将軍やローマ教皇が登場してアッティラを破滅に導く筋立ては、イタリアの愛国者たちから喝采を受けた。ヴェルディ自身も、中期の傑作へ結び付く管弦楽の手法をこの作品で披露し、先への見通しを開いたのである。

次回へ続く)

« 永遠のローマ? | トップページ | ヴェルディ歌劇の面白さ(11) »

文化・芸術」カテゴリの記事

西洋史」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 永遠のローマ? | トップページ | ヴェルディ歌劇の面白さ(11) »

フォト
無料ブログはココログ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30