« 多職種協働には二種類ある | トップページ | 18年目、進むべき道は? »

2018年8月12日 (日)

なんとか業績回復(^^;

私の事業所の収益は、先月分に至って、ようやく昨年2月の水準(倒産せずに何とか事業所を存続できるレベル)に戻った。実に17か月ぶりの業績回復である。

亡き母の介護が本格的に始まったのが昨年の1月末。このときの利用者さんの数(給付管理数)が22名であった。それから5月までは新規利用者さんの受け入れをすべて中止。その後も自分自身の時間や行動範囲の制約から、遠方の方や、「申請中」でも要支援になる可能性が強い方は、受任をお断りせざるを得なかった。そのため、母が帰天した3月5日の時点では、利用者さんが13名まで減少してしまう(病院への長期入院や施設入所などによる)。私自身は母の状態に大きな変化がない限り、自宅で介護していくつもりだったから、この状態があと一年続いていたら、仕事の継続自体が難しかったかも知れない。

天の配剤か、母本人が私のことを心配して人生を上手に締め括ってくれたのか。それはともかく、3月8日の葬送を終えたあとは、自分の時間を自由に使えることになった。

ちょうど年度末でもあったので、浜松市の介護保険課へ出かけて、介護認定審査会委員か、介護認定調査員のいずれかを受任できないか相談してみた。

審査会委員であれば、あらかじめ送られた資料に目を通して、自分の空いている時間に「予習」すればよく、月2回の会議で合わせて4万円(?)は安定収入になる。しかし、市の介護支援専門員連絡協議会が推薦母体になっていないため、私の場合なら静岡県社会福祉士会から推薦してもらうことになるが、2019年2月の委嘱だとのこと。県社会福祉士会には最近ご無沙汰してしまっているので、私を被推薦リストに入れてくれるかどうかわからない。また、入れてくれたとしても、実質的に審査会の仕事が入るのは一年先になってしまうので、「待てない」のが本音だ。

調査員のほうは、開業当初には結構な件数を受けていた。しかし、16年前に父が危篤状態だったとき、一件調査の予定が迫っていたので、すでにキャンセルできる状態ではなく、母に父を託して出かけたが、帰宅したら父はすでに息を引き取っており、看取ってやることができなかった。そのトラウマが残ってしまい、ほどなく調査から手を引いてしまったため、2009年の項目大改定後の調査員研修を受けていない。

Img_0400

それでも、母を看取ることができたことによりトラウマから解放されたので、市の担当者に調査員数の現状を聞いてみると、慢性的に不足状態を免れないとの回答。であれば、受けるとしたらこちらのほうだなと思い、5月の新任研修を受け直して調査員を受任することになった。

市からの調査委託は、6月は2件と少なかったが、7月は10件、8月は9件となっている。慣れてこれば調査自体も50~70分程度で済ませ、特記事項の記載にもそれほど多くの時間を割かないので、それなりの収入にはなる。

利用者さん(居宅介護支援)の数も、知人や地域包括支援センターからの紹介、他事業所の職員退職に伴う一部の利用者さんの引き継ぎなどにより、8月は20名(給付管理数。月末時点での予定)まで増えた。認定調査と合わせると、ひとまず17か月前の水準には戻したことになる。

こう考えると、自営業のメリットは大きい。私ぐらいの年齢の独身者(性別にかかわらず)が勤務先を退職してしまうと、介護していた親が死去した場合、年金も入らなくなってしまうから、再就職しない限り、収入の道が途絶えてしまう。しかし、特別な技術などを持ち合わせていない限り、中高年の職探しはなかなか厳しいのが現実だ。人手不足状態のため雇ってくれる会社があっても、こんどは勤務条件が結構キツい場合も多い。

自分の場合、曲がりなりにも長く健康を維持して、自営業を続けてきたことが幸いしたと思っている。

さて、先月、母の未支給年金が入った。しばしば口癖のように、「私のお金で美味しいワイン買って飲みなさいよ」と言ってくれた母の意向に沿って、楽しませてもらうとしよう(^^*

« 多職種協働には二種類ある | トップページ | 18年目、進むべき道は? »

ケアマネジメント」カテゴリの記事

介護」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 多職種協働には二種類ある | トップページ | 18年目、進むべき道は? »

フォト
無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31