« 教育機能の欠如 | トップページ | 年の瀬に »

2018年12月22日 (土)

ヴェルディ歌劇の面白さ(14)

年末だからというわけではないが、業務過密状態になり、このところ夜間・休日返上で仕事を続けていた。そのため、予定していた歌劇のレヴューを、10日も経ってからようやく書き上げている。

先の12月12日(水)、日帰りで東京まで出向き、新国立劇場で歌劇『ファルスタッフ』を鑑賞してきた。

ヴェルディ鑑賞は9作目になるが、「喜劇(...と言ってもヴェルディは生涯に2作品しか喜劇を作曲していないが...)」はこれが初めてである。

指揮はカルロ‐リッツィ(敬称略、以下同)、演出はジョナサン‐ミラー。キャストはファルスタッフがロベルト‐デ‐カンディア、フォードがマッティア‐オリヴィエーリ、アリーチェがエヴァ‐メイ、クイックリー夫人がエンケレイダ‐シュコーザ、ナンネッタが幸田浩子、フェントンが村上公太、メグが鳥木弥生、カイウスが青地英幸、バルドルフォが糸賀修平、ピストーラが妻屋秀和。

20181212falstaff2

リッツィの緩急よろしき指揮のもとに、全体として高水準の上演であり、この歌劇には必須である演技力の高さにも注目すべきものがあった。

デ‐カンディアは体型もファルスタッフにふさわしいが、ブッフォの歌唱力・演技力いずれも称賛もの。オリヴィエーリは掛け合いに長け、「朴念仁の俗物」フォードを好演。メイは劇全体をぐいぐい引っ張っていくアリーチェを見事に歌い切った。シュコーザは大仰な発声と所作とによって扇の要クイックリー夫人を好演。妻屋は脇役ピストーラだったが、いぶし銀の巧みな演技力で存在感をアピールしていた。

満足度から言えば、お金と時間を使って見に行く価値のある上演であった。

『ファルスタッフ』のタイトルロールが生まれた経緯については、以前のエントリーに述べたが、ここに至って新たに気が付いたことが二つある。

一つは、喜劇の中に結構物騒な台詞が隠されていることである。ファルスタッフがアリーチェを口説く場面。"vorrei che Maestro Ford passasse a miglior vita" →「フォードさんがあの世へ行ってくれれば」。劇の舞台になった当時のイングランドはカトリック教国で、原則として離婚が認められていなかった(王侯などでは政略結婚が破綻して離婚することもあったが...)。したがって、ファルスタッフが人妻アリーチェと結婚するためには、夫のフォードを「あの世へ行かせる」、つまり始末するしかない。それを承知した振りをしてファルスタッフやフォードをからかうアリーチェたちは、相当な性悪の女性たちなのだ。

もう一つは、主人公のファルスタッフの霊名「ジョン(John)」が、ワーグナーの喜劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の主人公ザックスの霊名「ハンス(Hans)」と同じことである(どちらも聖書に登場する「ヨハネ」を意味する)。これは偶然なのかも知れないが、ともに1813年生まれであるオペラ史上の二大巨人が、いずれも後半期には一つしか喜劇を作曲しておらず、しかも主人公の霊名が同じなのは興味深い。ファルスタッフは二人の人妻へ同時に婚活を仕掛けて笑いものになり、ザックスは若い娘への恋情を封印して喝采を受ける。この二人はある意味、紙一重なのかも知れない。

中(?)高年の独身男性である私にも、大いに考えさせられるところがある。そして、私の霊名も同じ「ジョアン(=ヨハネ)」だ。この先の人生に、何か艶っぽい話でも訪れるのかな? 期待しないで(笑)待ってみるか!

...などと思っているうちに、この歌劇の大団円の合唱、「世界中がダジャレだ!」になってしまうのかも知れない(^^;

« 教育機能の欠如 | トップページ | 年の瀬に »

文化・芸術」カテゴリの記事

西洋史」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 教育機能の欠如 | トップページ | 年の瀬に »

フォト
無料ブログはココログ
2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31