« 人と会い、人と語り(8) | トップページ | ハプニング続きの年末年始 »

2019年12月25日 (水)

自ら進んで灯りを点ける人

多くの人が少年時代に、O.ワイルド(1854-1900)の『幸福の王子』を読んだことがあるだろう。そしてその最終の場、自分が着けていた宝石や黄金を貧しい人たちに惜しみなく分け与えた王子と、それに対して献身的に協力したツバメとを、神様が天国で再生させる段に至って、瞼を潤ませた経験を持つ人は少なくないのではないか。

この王子やツバメのような気高い行為は、誰にでもできるわけではない。ましてや、偽善や打算(結果的に人の幸せをもたらすのであれば、偽善も打算もそれだけで批判するつもりはないが...)ではなく、素のままで自己犠牲や献身ができる人は、私たちの周囲にも、簡単に見付けられるものではない。日本中を見渡しても、一握りではないだろうか。

南関東のある地域に住む女性、A子さん(仮名)。

私がお会いしたのは17年前。自分が開業して二年余のとき、各地の仲間と協働して立ち上げた企画のパネリストとして、浜松に来ていただいたときである。

介護保険が制度が開始されて三年弱。いまだ各地で現場の混乱が収まらず、「囲い込み」を事としたケアマネジャーも横行していた時期である。とあるメディアで市民活動団体の取り組みが紹介されており、それを見てA子さんの存在を知った。当時、A子さんはチャキチャキの若い市民活動メンバーとして、地域の仲間たちと一緒に、介護現場の状況改善へ向け、市民目線で提言していくために活動されていた。そこで、私たち独立型のケアマネジャーを後押ししていただく意味で、市民の立場から彼女にシンポジウムで発題していただいたのだ。

このころのA子さんは、辺りを払うパワーで輝いている印象が強かったことを覚えている。

A子さんはその後、高齢者分野・介護分野から離れて障害者支援に転じ、団体の再編や新たなプロジェクトの立ち上げなどを経て、自分たちが中心となって市民活動団体を創設される。その経過は時折ネットで目にしていたものの、部門が離れてしまったこともあり、ずっと彼女は遠い存在であった。

先日、上京中に心組んでいた予定が不調になり、時間が空いてしまった。東京で買い物するよりも、久しぶりに同地へ行ってみようか、と思い、二日前になってA子さんに連絡してみたところ、応諾をいただき、出掛けて行った。

Blueberry-jam

17年ぶりの再会。ご自身が中心になって運営されている、福祉系の授産事業所で作った品物を販売する店(小児科系の大病院の一角)で待ち合わせ、お昼をご一緒していただいた。

端正なお顔立ちではあるが、際立った美女というわけではなく、外観だけであれば、服装も含めてごく平凡な存在なので、道ですれ違っても、特に周囲の目を惹く方ではない。「お姉さん」から、そろそろ「おばちゃん」と言われる年代である。持ち前の明るい笑顔で、ビジネスやプライバシーや、飾り気のない自然体でいろいろと語ってくださった。

同席しながら、A子さんの内面からにじみ出る「人」としての美しさ、気品の高さは隠し切れないなぁ、と強く感じたものだ。17年の時を経て、取り組む分野が変わっても、彼女が一段と輝く姿を見て、私は嬉しかった。

A子さんがいまのプロジェクトに手を着けられてから12年。市民活動団体として独立されてから9年。その間、このプロジェクトを推進するため、ご自身の力を注入されてきた。健康面では決して十全だったわけではなく、大きな病気で複数回の入院も経験されたとのこと。

販売するものの品質は決して「障害者が心を込めて授産施設で作ったものを買ってもらう」レベルのものではない。食品類は一流のシェフの指導を受け、市場で十分に戦える質を備えたものなのだ(実際に賞味して納得できた)。中身を伴った製品なので、病院に来る子どもたちや親たちにも人気である。

いま、このプロジェクトは事情があって拠点を移すことになり、A子さんたちはそちらの設備投資にかかる経費の調達に苦戦されている様子だ。非力な私であるが、貧者の一灯程度にでも、何かしらお手伝いできないものか考えている(自分自身が年末、不覚にも右足小指を骨折してしまったので、アクティヴに動けそうもないが...)。

A子さんの意図は障害福祉の枠にとどまらず、このプロジェクトを通じて、多くの市民たちの共生の場を広げていくことにある。この運動が実現すれば、障害を持つ人たちや、引きこもり・ニートの人たちや、病弱な子どもたちや、さらには外国にルーツを持つ子どもたちや、介護が必要な高齢者も含め、多様な属性を持つ人たちへの偏見や差別が次第に力を弱めていき、やがては誰もが住みやすい地域になる。

それだけの大きな意義を持つ計画に長年取り組んでいるA子さん自身は、受ける報酬が極めて低い。献身や自己犠牲の姿勢なくしては続かないであろう。それが事業に対する「正当な評価」の観点から望ましい姿なのかはひとまず措いて、誰かがやらなければ前進しないことも、また現実なのだから。

何よりも素晴らしいのは、そのお店を軸としてA子さんの周囲に集まる人たちが、笑顔にあふれていることだ。彼女と同じ空気を一時間吸っただけで、心がポカポカと温まるのを感じた。

A子さんの生きかたは、どれだけ多くの人たちに幸せをもたらしているだろうか? 本ブログで以前から言及している、人を傷付けて稼いでいる連中とは対極にあることは、いまさら言うまでもないであろう。

コルカタの聖テレサの名言で、「心のともしび」の標語にもなっている言葉が頭に浮かぶ。

「暗いと不平を言うよりも、進んで灯りを点けなさい」

A子さんがその仲間たちと手を携えて、難局を乗り切り、住みよい地域を創り上げていけることを、心から祈りたい。

« 人と会い、人と語り(8) | トップページ | ハプニング続きの年末年始 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

仲間との交流」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 人と会い、人と語り(8) | トップページ | ハプニング続きの年末年始 »

フォト
無料ブログはココログ
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他のアカウント