« 「山形のほうへ車が、やぁ!まがった」「米沢には、用ねえだわ...」 | トップページ | 「茨城出身でも、威張らん気?」「水戸では、みと...もないことしません」 »

2020年2月16日 (日)

「福島に、フックしま...した」「会津から、合図があったんで(^^;」

【史料好きの倉庫(7)】

今回は「福島県の主要大名」の解説である。

先年他界した私の叔父(母の弟)が福島県に住んでいた。それと直接関係あるわけではないが、学生時代から同県を何度か訪れている。巡り歩いた城下町は福島、会津若松、二本松と、あまり多くはない。2014年には著書の取材を兼ねて、復興途上の相馬市を見学した。画像はそのときのもの。

福島県も浜通り、中通り、会津と地域が分かれているので、史料調べもそれぞれの地元で行うのが効果的であろう。なお、伊達家がいまの宮城県域へ移動するのに伴い、石川家や白河家などいくつかの被官大名は、仙台藩一門(「御客大名」)となって転出しているので、伊達家関係の史料で系譜をたどることができる。会津図書館(一度訪問)や県歴史図書館(未見)に所蔵されているものは、近世諸藩の史料が中心である。

20141123nakamurajoo2

◆篠川公方・稲村公方 足利家
鎌倉公方の一族である足利満直・満貞の兄弟が、それぞれ安積郡・岩瀬郡に派遣され、鎌倉府の出先機関として南奥州の統制を委ねられたものである。実際には南奥州は伊達・白河・蘆名等の諸家による抗争、駆け引きの場となり、両公方は十分な存在感を発揮できなかった。満貞は永享の乱(1429)で甥の鎌倉公方・持氏方に立ったため、持氏敗北後に自殺。満直は逆に、永享の乱で
将軍・足利義教の側に味方して持氏鎮圧に協力したが、反・義教派の蜂起=結城合戦=を受けて自殺に追い込まれ、ここに両公方はともに消滅した。

◆岩城家
亀田(秋田県のページ参照)藩主家の系譜では、惣領家の隆衡から隆忠へ至る家系を引いているが、実は、隆忠は鎌倉初期に分かれた白土家の当主だと推測されるため、歴代表ではその説を採った。織田家や徳川家もそうだが、本来庶流だった家が後に一族を代表する勢力になると、嫡流家の系統に仮託して家系図を改作することが、歴史上しばしば起きている。

◆相馬家→相馬藩
平将門の子孫であるとの家伝は後世の付会に過ぎず、鎌倉初期からの千葉家一族である。行方郡に所領を持ち、嫡流家は本領の下総にとどまったが、師胤に始まる庶流が相馬地方に土着した。戦国期に勢力を拡大、義胤(長門守)が関が原の戦で石田寄り中立の態度を取ったことから、一時改易されたが、利胤が徳川家康に陳弁して了解され、本領に復した。その後は6万石の相馬(中村)藩として、明治維新まで中断することなく継続している。惣領家の時代から通し番号を付けた。

◆二階堂家
鎌倉幕府の政所執事の家。南北朝期に入る前に奥州へ下向したものの、間もなく惣領家の動向が史料でたどれなくなる。一族の中から須賀川二階堂家が台頭して一族を統一したが、惣領家との関係が不明瞭なため、歴代表の中では分けて記載した。

◆田村家
家伝では坂上(さかのうえ)氏として、平安朝の将軍・坂上田村麿から繋げているが、実際には平姓であり、実名が同時代史料で知られるのは室町期の田村直顕以降である。南北朝期までの藤原姓田村庄司との関係は未詳なので、歴代表では直顕からの当主を掲げた。

◆会津領主 蒲生家
蒲生氏郷の入封後、一時期(宇都宮時代)を除き、蒲生家が江戸前期の三代にわたって会津を領知した。はじめ91万石、のち60万石の大藩でありながら、後嗣がなく絶家になってしまったので、末尾に1613年ごろの重臣(一万石以上)配置を記載して参考に供した。

他県の部でも、同様に江戸前期で消滅した大藩の場合は、一万石以上の重臣配置を末尾に付載する。

◆会津藩
加藤家、保科→松平家を歴代表に掲載。なお、松平家の当主は代々神式の諡であるが、保科正経と松平容詮(世子)だけが仏式の戒名になっている。

◆下村藩
老中・田沼意次が冤罪により失脚した後、嫡孫の意明が懲罰的に左遷された先が下村である。藩主の若死にが続いた後、意次の四男・意正が家を継承、幕閣に登用されて若年寄に就任し、36年ぶりに旧領相良(静岡県のページ参照)へ復帰した。

« 「山形のほうへ車が、やぁ!まがった」「米沢には、用ねえだわ...」 | トップページ | 「茨城出身でも、威張らん気?」「水戸では、みと...もないことしません」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「山形のほうへ車が、やぁ!まがった」「米沢には、用ねえだわ...」 | トップページ | 「茨城出身でも、威張らん気?」「水戸では、みと...もないことしません」 »

フォト
無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のアカウント