« 「東京に転居する、ときよぉ(^^*」「江戸に来れば、えぇど!」 | トップページ | 新型コロナ(1)-どんなウイルスなのか? »

2020年3月22日 (日)

「神奈川...かな?かわ...らないのは...」「湘南(しょうなん)です(^◇^;」

【史料好きの倉庫(14)】

今回は「神奈川県の主要大名」の解説である。

新幹線での素通りが多いが、それでも用事のあるたびに、学生時代からしばしば足を運んでいる。横浜が比較的多く、学生時代から合わせると十回以上は行った記憶がある。他に複数回訪れたのは鎌倉、箱根などだ。小田原城へは過去二回。二回目は2014年、業界仲間と二人で平塚まで勉強に出掛ける途中に立ち寄った(画像は小田原城から眺めた湘南海岸)。

神奈川県は鎌倉幕府の本国であり、室町期には関東公方足利家に支配される中世武家勢力の一大拠点であった。しかし、戦国中期以降は小田原城を本城とする北条家の直轄地域となり、三浦家・大森家などの在地勢力は一掃されてしまう。北条家の一門・重臣は多くが主家と運命をともにして滅亡、没落した。県立博物館(未見)や各市立の図書館等に文書が所蔵されている。

20140306odawarajou

◆三浦家
鎌倉幕府草創期から活躍した名門。宝治合戦で宗家が滅亡した後には、傍系の佐原家が三浦惣領家となった。室町期の前半に相模守護となるが、その後は勢力が後退し、戦国期の入口で伊勢盛時により滅ぼされた。

◆上杉(犬懸)家
上杉諸流の中でも山内(宗家)、扇谷と並んで関東管領に就任する家系。氏憲(=禅秀)の乱が失敗して没落し、戦国期には動向が聞かれなくなる。

◆北条(小田原)家
京の伊勢家の分家で、わずかばかりの所領を持つ申次衆の身から、一代で伊豆・相模二国の主にのし上がった盛時(=北条早雲)が初代であるが、実は盛時の代を通して名字は「伊勢」であり、「北条」を称したのは二代目の氏綱からである。畿内の名族である伊勢家は関東でよそ者扱いされ、地元の武士たちから拒否反応が見られたことが原因だと推測されている。「北条」の由来は氏綱の最初の妻・養珠院が北条庶流の横江家出身だった縁で仮冒したと伝えられるが、その出自に確証はない。また、盛時が今川家のいわば後見人として興国寺城を与えられてから、氏綱の途中まで形式上は駿河今川家の被官であり、名実ともに独立したのは1519年と比較的遅い。関東に覇を唱えるも、豊臣政権の大規模な征討を受け1590年に降伏、解体され、嫡流家は河内狭山藩主(大阪府のページ参照)となって細々と存続した。

◆小田原藩
江戸期には大久保家の居城として知られているが、大久保忠隣が失脚した後、同家は減封や転地を重ねており、その間に阿部家や稲葉家が小田原城主になっている。大久保忠朝のとき1686年に小田原へ復帰、以後は代々継承して明治まで続いた。

« 「東京に転居する、ときよぉ(^^*」「江戸に来れば、えぇど!」 | トップページ | 新型コロナ(1)-どんなウイルスなのか? »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「東京に転居する、ときよぉ(^^*」「江戸に来れば、えぇど!」 | トップページ | 新型コロナ(1)-どんなウイルスなのか? »

フォト
無料ブログはココログ
2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他のアカウント