« 「三重県来たら何も、見えへん」「伊賀まで行きゃあ、いーがな」 | トップページ | 「京都で踊りまくる教徒どす」「丹後ならタンゴの一択!(^^;」 »

2021年4月 8日 (木)

「滋賀で、詩が...浮かばない」「近江の琵琶湖、おぉ!見や!」

【史料好きの倉庫(25)】

今回は「滋賀県(近江)の主要大名」の解説である。

素通りすることが多い県だが、1980・1990(画像)・2014年にそれぞれ用事で彦根を訪れ、国宝の城を眺めながら城下町を散策した。2013年に「びわ湖ホール」で楽劇を鑑賞したが、他の城下町へ出向くこともなく、帰路、長浜城址に立ち寄った程度。

六角家・京極家・浅井家をはじめとする中世大名に関しては、系譜の錯綜が少なくない。近世に編纂された軍記物の類は信憑性が低く、京にも近いことから同時代の日誌類、または各寺院に保存されている文書類を参照するのが望ましい。近世藩政期の近江には中小大名が多く、『寛政重修諸家譜』を参照するほか、各自治体の図書館等に照会する必要がある。彦根城博物館には、井伊家から寄託された古文書類が「彦根藩井伊家文書」として保管されており、重臣の系譜はここで調べることが可能である。

Hikonejo1990

◆京極家=江北三郡守護
近江の守護であった佐々木→六角家の庶流。南北朝期には京極高氏が代表的な「ばさら大名」として知られている。室町期、本国の近江では三郡の守護にとどまったが、他に飛騨・出雲・隠岐の守護職を兼任した。戦国期には浅井家の台頭により統治者の実権を失ったが、豊臣時代の高次は徳川家と縁戚になって若狭小浜へ移り、子孫は出雲松江、のち讃岐丸亀の藩主となった。

◆朽木家
佐々木家の庶流であった朽木家は、室町幕府に近い立場であり、幕府衰退期には敗残の将軍を庇護して忠勤を励んだ。朽木元綱は豊臣秀吉から本領を安堵され、関が原の戦では石田方から徳川家康に内応し、戦後は家康から9,590石を安堵され(2万石からの減封とされているが、実はもともと正しくは9,590石だったとの説もある)、交替寄合として存続した。分家が丹波福知山藩主となっている。

◆浅井家
古代の浅井郡司の末裔かと言われる。戦国期に浅井亮政が主家の京極家を凌駕し、小谷を居城として江北の支配者となった。長政は織田信長の妹婿になったが、のち信長に抗して滅ぼされる。三人の娘、茶々(豊臣秀吉側室)・初(京極高次室)・江(徳川秀忠室)が著名である。

◆小堀家
坂田郡の豪族。小堀正次は1585年から近江を離れ、豊臣秀長、その没後は秀吉に重用され、備中代官に任じられた。政一(遠江守)は庭園作りの達人「小堀遠州」として名高く、1619年に近江へ戻り、伏見奉行に任じられて小室に封じられた。政方のとき不正のため失脚し、改易されている。

◆石田家
坂田郡の豪族であるが、存在が知られるのは戦国期に入った石田蔵人のときである。その曽孫・三成は豊臣秀吉に重用されて奉行の一人となり、近江派(いわゆる淀君派)の領袖として政権の実務を仕切ったが、関が原の戦に敗れて滅亡した。

◆彦根藩=井伊家
徳川家康の家臣筆頭であった井伊直政が、関が原の戦後、18万石で石田三成の旧領・佐和山を領有した。長男・直継が彦根城を築いて移転したが、病弱だったため上野安中を与えられ分家となる。弟の直孝が彦根城を継承、幕政に参画して功績があり、加増されて30万石に達した。その後は譜代大名の柱石として大老を何人も輩出したが、幕末の直弼が強権政治(「安政の大獄」)を推進したことが裏目に出て、京の桜田門外で暗殺され、藩は10万石を減じられて明治維新を迎えた。

◆朝日山藩=水野家
山形藩主であった水野忠弘は、大政奉還後、奥羽越列藩同盟に参加して新政府軍に抵抗したが、敗北して山形城を中心とする村山郡内の所領を没収された。代わりに近江朝日山で5万石を与えられ立藩したが、ほどなく版籍奉還→廃藩置県を迎えた。

 

« 「三重県来たら何も、見えへん」「伊賀まで行きゃあ、いーがな」 | トップページ | 「京都で踊りまくる教徒どす」「丹後ならタンゴの一択!(^^;」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

日本史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「三重県来たら何も、見えへん」「伊賀まで行きゃあ、いーがな」 | トップページ | 「京都で踊りまくる教徒どす」「丹後ならタンゴの一択!(^^;」 »

フォト
無料ブログはココログ
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他のアカウント