趣味

2015年1月30日 (金)

浜松のラーメン店めぐり

昨年、関西や関東の若い介護業界仲間たちと交流していく中で、一つの媒体になったのが「ラーメン」である。

宇都宮に対抗する餃子の町として知られている浜松だが、ラーメンに関しては特段「浜松ラーメン」というほどのものはない。札幌とか博多とか熊本とか喜多方とか、ブランドのようなものは存在していないと言って差し支えない。

裏を返せば、浜松では地元のラー店がそれぞれ個性を生かした味を創造し、妍を競っている。私も最近、そんな身近な店に関心を持つようになった。大手のチェーンにも好きな味のラーメンはいくつもあるが、地域密着で営業している地元のラー店の自慢のひと品にも、また大きな魅力がある。

そこで、この1月は、浜松のラー店を意欲的に周遊してみた。

20150105kinkarou
錦華楼。細麺か平麺か選べるのが好い。コクのあるスープが合う。

20150111daruma
ラーメン酒房だるま。浜松では珍しい自家製鶏白湯の店。麺の硬さを選択可。

20150113ichirin
麺創房・一凛。癖のないオーソドックスな味でファン増加中の様子。

20150117dora
らーめん土蔵(どら)。行列ができる本格派。醤油と柚子塩が二大人気メニュー。

20150118michino
麺屋みちの。味噌をはじめ北海道系の味覚。湯切りは平ザルで。

20150121ichibanboshi
一番星。とんこつ系が主流だが、五目系もうまい。高菜か生ニンニクを付けてもらえる。

20150125rairaiken
来々軒。肉中心のメニューで、軽いブラック系のスープと好くマッチング。

20150127gomihacchin
五味八珍。浜松餃子の通販で有名。ラーメンはあっさり系で不特定多数向けが多い。

20150129marushou

中華そば・まるしょう。細縮れ麺は煮玉子やそぼろなどの具と相性が好い。

一口に地元浜松のラーメンといっても、親方が単独店舗でやっているところから、チェーンや系列店を拡大して、他県にも出店しているところまで、さまざまだ。今月、自分が回ったところはほんの一握りであって、広い浜松にはまだまだ個性的なラー店が数多く林立している。

浜松は東西の真ん中にあり、食文化についても、伝統に固執して発展性を欠くのではなく、他地域の良い味を積極的に取り入れていく寛容さを持ち続けてきた。上に掲げた諸店のラーメンも、そんな浜松ならではの特色ある品ぞろえになっている。その中に花月嵐、丸源、来来亭、天下一品、一蘭、大勝軒といった大手ラー店のチェーン店やのれん分け店が加わることで、当地のラーメン文化に彩りを添えている。

百花繚乱のごとく、バラエティに富んだ浜松のラーメン業界。私たち市民は、一人ひとりの嗜好のままに、お目当てのラーメンを選んで味わうことができる幸せをかみしめたい。

フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント