中国史

2016年4月 8日 (金)

私の海外旅行歴

最近は全く海外旅行へ出かけていないが、私にも過去四回の海外渡航歴がある。

一回目は1983年、中国。大学で指導を受けていた教授のサークルによる企画であり、さらにその教授の師匠である大先生夫妻が代表となっていた20人ほどのグループに拡大させての、もっぱら史跡巡りの旅であった。上海から入り、蘇州、泰安を経て泰山に上り、曲阜の孔子ゆかりの廟堂を見学。さらに再度南下して、江南では南唐国の皇帝陵を巡り、南京で旅の終わりとなった。泰安あたりの村落都市では、現在とは比較にならないほどドメスティックな当時の中国人たちが、私たち外国からの旅行者を珍しいものでも見るように観察していたのが印象的だった。10日間。

二回目は1985年、インド。これは全くの一人旅である。カルカッタから入って近代インド以来の人間のるつぼ状態を経験し、そこから長躯デリーへ移動。西行してラージプート時代の史跡が残るジャイプル、チットールガル、ウダイプルを観光し、アグラでタージ‐マハルを見学、再度デリーに入って中世以来のいくつかの史跡を巡った。旅行中、一再ならずタクシーにつきまとわれ、かなりの金額をぼられてしまったが、それも楽しい旅の思い出である。17日間。

三回目は1988年、米国。職場の研修旅行であった。上司と同僚と3人での渡米。ニュー‐ヨークから入り、前半はワシントンDC、フィラデルフィアなどのナーシングホームを見学する真面目な行程。後半はニュー‐ヨークやボストン市内を観光、バッファロー経由でカナダ側に入国し、ナイアガラの滝を眺め、ニュー‐ヨークに戻った。ユダヤ教徒のためのホーム見学など、こんな機会でもなければなかなか思い立ってもすぐ行くこともできない、貴重な見聞であった。11日間。


Escorial_2

四回目は2001年、南西ヨーロッパである。これも一人旅であるが、おもな目的はカトリック教会への巡礼であった。折しも復活祭に続く時期で、どの国の人たちも活き活きとした表情だったのが印象的だ。

イタリアでは、まずローマで念願のヴァティカン巡礼を果たした後、数日かけてラテラーノ、サンタ‐マリア‐マッジョーレなどの大きな聖堂で祈りを捧げた。ピサの斜塔を見学し、フィレンツェに出向いてドゥオーモを中心とする花の都を満喫。ジェノヴァでは坂の多い街に意外さを感じながら、本場のパスタ‐ジェノヴェーゼを賞味して、西へ。

フランスではプロヴァンスのニース経由で、中世の教皇庁が残るアヴィニョンに数日滞在してお祭り気分を楽しみ、そこからニームやオランジュの古代劇場などの遺跡を見学。ボルドーへ移動してアキテーヌ地方の優しい風景を眺めながら、シャトーのワインで乾杯。

スペインではバスク文化の色濃いパンプローナに足を停めた後、ブルゴスやトレードに入って中世の旧都に思いを馳せた。マドリードを素通り同然にしてセビーリャへ駆け抜け、アンダルシアの香り高い文化に接しながら、信仰厚い人たちが担ぐパソ(聖マリア像を乗せた御輿)を見られる幸運に恵まれた。そこからコルドーバ、さらにグラナーダへ赴き、シエラ‐ネバダを望みながら世にも美しいアルハンブラ宮殿の魅力を心ゆくまで堪能した。最後はマドリードに戻り、森厳なエル‐エスコリアル修道院(上の画像)でハプスブルク朝時代の歴史の重みに触れることができた。最終日にはマドリードのカテドラルで祈りを捧げて、これから始まる新たな仕事への決意を新たにした。実に28日間にわたる旅であった。

それから15年。いま世界の各地で治安が悪化していることを考えると、その前にさまざまな文明の姿を自分の目で見てくることができた私は幸せなのかも知れない。だが他方で、飢餓や貧困、戦乱や暴力に苦しんでいる人たちが数多いことには心を痛める。確かニースに滞在したとき、一歩裏路地に入ると、ホームレスと思しき人たちが路上に寝泊まりしていたのを覚えている。繁栄するリゾート地の影の部分だったのだ。

異なる思想や文化や境遇を持つ人たちが、寛容の心で共生しながら、ともに豊かな生活を送ることができるように、改めて祈りを捧げたい。

2015年6月30日 (火)

歴史上のマイナー王朝(1)

中国古代の史書をひもときたくなり、『南斉書(なんせいしょ)』をめくっている。

「南斉」とは、少しあとの「北斉」と対比した呼び方で、本来の国名は「斉」。中国(漢民族支配地域)の南半分を領有した王朝だが、存続したのは479年から502年。足掛け二十四年の短命王朝で、その存続した時期に限るならば、歴史に名を残すほどの著名な人物も出ていない。

だが、意外にも私が幼少のころ愛読していた世界史の本に載っていた画像に、この南斉の建国者が描かれていたのだ。いまは処分してしまったので、残っていないのだが。

倭の五王、と言えばご存知の方も多いと思う。子ども向きにわかりやすく編集されたその本には、最後に登場する倭王「武(雄略天皇に比定されている)」が南朝の「宋」に送った使節が、宋の皇帝=順帝(じゅんてい)に謁見する場面の絵が描かれていた。その順帝のすぐ下段に、順帝より偉そうな顔をした年輩のヒゲ男が立っていた。

その人の名は蕭道成(しょうどうせい)。このとき、すでに宋の政治の全権を握っており、倭王武の使節をもてなしたのも、実質的にはこの人物であった。ほどなく順帝を廃位した蕭道成は、皇帝に即位して南斉の高帝(こうてい。位479-482)となる。

自分が中国古代史に興味を持ったのは、中学生のときだったが、高校生ぐらいになって、そのボロボロの本を取り出してみて、皇帝よりも偉そうな男が次の王朝の開祖なのだと、ようやくわかったものだ。倭王武の使節も、「宰相の蕭道成に徳があって偉大だから、遠方の国がわざわざ使者を遣わしたのだ」といった権威づけに利用されたろう。

建国してからの南斉王朝、前期の十三年は平穏だったものの、後期の十一年は、宗室(皇族)や大臣の殺し合いが絶えず、蕭氏の遠い一族である蕭衍(しょうえん)に取って代わられてしまった。この蕭衍が梁(りょう)の武帝であり、以後半世紀近く江南を統治する人物である。

20150630nanseisho

しかし、梁代に活躍する政治家や文人たちは、実は南斉時代、蕭子良(しょうしりょう。460-494。高帝の孫)のサロンに集まり、文化的センスを養われた人物が少なくない。上の画像は「竟陵王〔蕭〕子良伝」の冒頭部分。蕭衍をはじめ、范雲(はんうん)、沈約(しんやく)、任昉(じんぼう)など、みなこのサロン育ちである。この蕭子良の没後、南斉王朝は内部崩壊してしまったが、その後継者たちが六世紀前半に、南朝の仏教文化を花開かせたのだ。

歴史上はマイナーな存在であっても、形を変えて影響を残した王朝が散見される。機会を見て、そういった王朝の歴史をたどってみたい。

2014年1月23日 (木)

介護業界の「酔虎伝」?

18日から19日にかけて、豊川で新年会がありました。介護業界「野」のネットワークでは取りまとめ役の一人である、桂(けい)さん(男性。過去、浜松でも仕事をされていました)のコーディネートで、気の置けない人たちがお酒と食卓を囲んでのひととき。私はこの中の数人の方とは以前から知り合いでしたが、東西から20人近くが集まった中に入ったのは初めてです。

私が驚いたのはそのネットワークの広さ。東は福島県、西は福岡県。その間では茨城県、千葉県、埼玉県、神奈川県、長野県、愛知県、静岡県。かつて、「独立・中立型介護支援専門員」の集まりでは、さらに多くの都道府県から同志が集まったことはありましたが、それとは異なる形で、このようなオフ会がときどき持たれていることには、素直に感激しました。

また、集まった人たちも、兼任CMさん(男性)、じむちょさん(男性)、きたさん(女性)、しゅうさん(女性)、じぇいさん(女性)、成(しげ)さん(男性)、さらに「熊さん(女性)」「施(せ)さん(男性)」と呼ばれる強大な豪傑まで集合し、それぞれHNで呼び合う光景は、さながら水滸伝の豪傑がそろったかのような雰囲気も・・・。まさに梁山泊の豪傑たちが外号(あだ名・通称)で呼び合ったのと同じ情景で、壮観でした。

そのとき、川崎でもアローチャートの実践研究会の人たちを中心に、新年会が開かれていました。そこで私は、豊川の会場から川崎のメンバーの一人、gitanistさんの携帯へ電話して、東西で交歓し合う場面まで実現。

水滸伝ならぬ「酔虎伝」だったかも知れません。それでも明日の活力のためには、こういう場が必要なことは間違いありません。バーンアウトしないためにも、良き仲間とめぐり逢い、思いを分かち合っていくことの大切さを、身にしみて感じた二日間でした。

2013年1月17日 (木)

二十四史の面白さ(4)

『後漢書』は南朝宋時代の范曄(398-445)撰ですが、歴代正史の中でも、面白さという点では一、二を争うものでしょう。

この書の魅力をいくつか掲げてみましょう。

・東漢(後漢)から魏・晉を経て、三代あとの宋王朝の時代に著述しているため、前王朝時代の有力氏族からの制約を受けることなく、自由な立場で記述している。

・男性優位の古代中国社会にあって、巻10「皇后紀」(正史での皇后の扱いは、通常は皇帝と同じ「紀」ではなく、一般人と同じ「伝」)や、巻84「列女伝」(再婚した蔡文姫の伝を載せている)など、女性の待遇に意を配っている。

・各列伝の本文では、エピソードを巧みに交えながら人物の生のままを活写し、論賛では、登場人物の人間としての生きざまを個性的な視点から評価している。

・巻82「方術列伝」、巻83「逸民列伝」など、政事にこだわらない世界にあこがれた六朝の人士好みの題材を、充実させた編集がなされている。

こういうところでしょうか。単にエピソードの面白さだけであれば、『晉書』もこれに匹敵しますが、作品全体の豊かさや潤いということになると、『後漢書』のほうが明らかに勝っています。たいへん味わい深い史書だと言うことができます。

2013年1月 9日 (水)

二十四史の面白さ(3)

中国の正史のうち、「表」が存在するのは、はじめの『史記』と『漢書』、そのあとは、『新唐書』以後のものになります。途中の魏晉南北朝時代の正史には、「表」が含まれていません。

「表」は基本的に、宗室(皇族)の系譜や、大臣の任免など、客観的な事実経過を表にすることにより、「紀」「伝」を理解する一助になるものです。したがって、原則として、撰者の主観が入るということはありません。

ところが、例外なのは『漢書』の「古今人表」です。これには天地開闢から漢の建国当時に至るまでの歴代の人物を、「上の上」から「下の下」までの九段に分けて掲載してあるのですが、この九段の分け方は、もっぱら撰者である班固の主観によるものです。そのため、後世の史家からは、この人はもっと上だ、この人はもっと下だというような批判が、いろいろと寄せられています。

しかし、堅苦しい古代中国の史書の中で、こういう個性的な部分が垣間見えるのが、古代史学の中でも、一つの面白い部分なのでしょう。

2012年12月16日 (日)

二十四史の面白さ(2)

二十四史は、通史と断代史との二種類に分類されます。複数の王朝を縦断して記述した史書が通史であり、一つの王朝だけを区切って記述した史書が断代史です。『史記』『南史』『北史』『旧五代史』『新五代史』が通史であり、他は断代史となります。

また、成立事情はそれぞれ異なりますが、南北朝から五代までは、同じ時代を扱った史書が二つずつ並立しています。『宋書』『南斉書』『梁書』『陳書』と『南史』、『魏書』『北斉書』『周書』『隋書』と『北史』、『旧唐書』と『新唐書』、『旧五代史』と『新五代史』という具合です。特に、先に書かれたほうでは王朝滅亡から近過ぎたため、権力者に遠慮して記載できなかったことを、あとから書かれたほうには記載されている事実もあり、両者を比較することが貴重な史料批判、考証となっています。

分裂時代については、史書によって記載方法が異なります。

『三国志』では魏の君主が正式な「皇帝」とされながら、現実には蜀漢と呉とがそれぞれ対等の王朝として記載されています。

『晉書』には五胡十六国が巻末に「載記」としてまとめられています。

南北朝時代の正史は、分裂していたそれぞれの王朝ごとに編集されています。

『旧五代史』には地方政権である十国が「世襲列伝」「僭偽列伝」の中に記載されていますが、『新五代史』の場合は諸侯の伝記に当たる「世家」としてまとめられています。

10世紀にタングート族が建国した「夏(西夏)」の歴史は、同時代の『宋史』『遼史』『金史』中の「列伝」として記載されており、独立の正史は作られていません。

2012年12月 8日 (土)

二十四史の面白さ(1)

いま、政治的には日本と中国とが難しい局面を迎えていますが、私自身は学生時代に中国古代史を専攻しており、いまでも史書を読んだり訳したりするのが趣味の一つになっています。政治的な問題はひとまず措いて、史書について少し述べてみましょう。

有名な司馬遷の『史記』以来、中国では歴代王朝の史書が整えられてきました。上代から明の時代まで、すべて二十四の「正史」が存在しますので、これを「二十四史」と呼びます(中華民国で編纂された『新元史』を含めて「二十五史」とすることもあります。また同じく民国で編纂された『清史稿』は数に含めません)。

この「二十四史」はいずれも「紀伝体」という形を採っています。歴代皇帝の事績と総合年表を兼ねた「本紀」と、宗室(皇族)や臣民の伝記である「列伝」とを基本とした史書の記述形態です。これに対し、『春秋左氏伝』や『資治通鑑』などの記述形態は、登場人物ごとにまとめるのではなく、年月順にまとめて起こった事件を記録しており、「編年体」と呼ばれます。

この「二十四史」に含まれる各史書の成り立ちはさまざまです。『後漢書』『三国志』のように私的に編纂された史書が後日「正史」に列せられたもの、『漢書』のように公的な立場にある人が著述した史書が「正史」とされたもの、『晉書』のように最初から国家により選任されたスタッフが編纂したものなどに分類されます。あとの分類のものほど、官製史書の性格が濃くなります。

また、これらの史書は、『史記』を除けば、王朝が滅びてから後代の史家が著述・編纂したものです。そのため、著述・編纂当時の王朝が、記述対象である王朝をどのように位置づけていたかによって、質的に左右されるものでした。

それでは、何回かのエントリーに分け、私が具体的に感じている「二十四史」の面白さについて、いくつか触れてみましょう。

フォト
無料ブログはココログ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

他のアカウント