国語

2016年5月18日 (水)

「懐疑」のすすめ

「懐疑」と言えば、アカデミックな用語に聞こえるかも知れない。だが、ここで述べる内容はきわめて単純なことだ。

みなさんも数の多少はあれ、何かを間違えて理解していたという経験をお持ちだと思う。私も相当な年齢になるまで、誤解したまま放置していたことがある。

「あぶない」という言葉が、英語由来だとばかり思っていたのだ。

危険が迫って猶予がならない状況に出くわして、とっさに「あぶない!」と言えば、英語でもほぼ同様な意味で通じる。「Have an eye !」=「片目でもいいからしっかり見ろ!」←「危険だ!」というフレーズの発音と、ほぼ同じ発音に聞こえるからである。

おそらく、私は幼少時に何かの本を読むか、TVを見るか、何らかの媒体からこの「Have an eye !」についての説明を聞いて、「あぶない」が英語由来の言葉だと、てっきり思い込んでいたものと推測される。

事実は、日本語にも古くから「あぶなし」という単語がある。かつては「軽率に行動して他人に迷惑をかけそうだ」の意味が強く、むしろ、「あやふし」のほうが現代語の「あぶない」に近かったが、中世以降は統合されて「危険が見込まれるので心配だ」の意味になった。

れっきとした日本語の形容詞である以上、危急の際に間投詞的に使用される「あぶない!」が、英語の「Have an eye !」と同様な意味であるのは、単なる偶然以外の何ものでもないわけである。

しかし、私がガキの頃から「あぶない」は英語だと思い込んでいた理由は、以下のいずれかであろう。

(1)幼少時に受信した説明が間違っていた。すなわち、発信側に問題があった。

(2)幼少時に受信した説明は正しくなされていたが、私が誤解していた。その誤解の原因は、たとえばTVなら番組を一部しか見ていない、本なら前後の説明をきっちり読んでいないなど、さまざまなものが考えられるが、いずれにせよ、受信した私の側に問題があった。

(3)上記二つの相互作用。発信側も(単なる物知らずによるものか、または特別な意図によるものか)十分な説明をせず、受信側の私も自分で調べていなかった。

以上の三つの可能性が考えられる。

これらの誤謬を補正していく力が、大人の「知的体力」である。『これでいいのか?日本の介護』第7章や第12章でも述べたが、特に日本人の多くは、情報を受動的に疑わないまま獲得し、それに流されてしまう傾向がある。自ら主体的に情報を獲得・精査していく、また一度獲得した情報も真正なものであるかを確認していく癖をつけないと、知的体力の不足を招き、ひいては社会全体に致命傷をもたらす。言葉一つぐらいのことなら大した問題ではないのだが、大きな社会事象や政治・経済などに関わる誤解が積み重なり、それがまた多くの国民に共有されてしまうと、まさに日本を「あぶなく」してしまうのだ。

そのためにも、私たちは「自分の理解・思考・行動はこれでいいのか?」と、常に疑っていく姿勢が求められる。すなわち「懐疑」である。たとえば前述の例で、もし発信者が「英語がすべての言語に優越する」などの偏った思想を持っていたのであれば、「あぶない」が英語由来だとの説明を聞いた人は、すべてその罠にはまってしまう恐れがあることになる。

言語学のみならず、社会の各分野にそれは当てはまる。もちろん「介護」もしかり。意図的な発信に限らずとも、たとえば30年前の介護の常識のうちかなりの部分が、いまや常識では無くなっている現実があるのは、経歴の長い業界人であれば当たり前に感じているところであろう。にもかかわらず、30年前の常識をそのまま踏襲して現場で仕事をしている業界人が、少数とは言え存在することは、残念ながらまぎれもない現実である。

自分自身を成長させ、時代を動かしていくためにも、みなさんに「懐疑」の精神をお勧めしたい。

2014年2月11日 (火)

「裁判」の語源は長州藩から

全国共通の用語としてごく普通に使用している言葉の語源が、実はローカルな言葉だった、というのはよくあることですが、三権の一つ、司法の根幹部分に位置する言葉がそれに該当するのだと言えば、意外に思われる向きもあるのではないでしょうか?

その言葉とは、「裁判」。

語源は「宰判(さいばん)」で、江戸時代の長州藩(=萩藩。毛利家)における地方行政区画の呼称です。関ヶ原の戦で石田三成側に与した毛利家が、徳川家康によって周防・長門の二国(いまの山口県)のみに減封されたのが1600(慶長5)年。それから半世紀後の1650(慶安3)年には、すでに「宰判」の行政区分が機能していました。

その後、江戸時代を通じて多少の異動がありましたが、幕末の長州藩には4末家(支藩のこと。長府・徳山・清末・岩国)および18宰判が存在し、合わせて22の行政単位に区分されていました。この規模は古来の「郡」または郡を2~3に分割した広さに当たります。

さて、長州藩は薩摩藩(島津家)とともに明治維新の主力になりましたが、明治新政府は1868(明治元)年、大阪・兵庫など全国12箇所に「裁判所」を設置しました。これは旧幕領(諸藩に属さない直轄地)を統治するために新設された機関であり、長州藩の「宰判」における代官の駐在地「宰判所」の語を転用したものでした。その年のうちに「府藩県三治制」が施行されたため、行政機関としての「裁判所」は姿を消しましたが、1871(明治4)年に至り、司法省のもとで東京裁判所が設置され、司法権力を行使する機関に姿を変えた「裁判所」が復活しました。これが現代の裁判所の起源になっているのです。

ですから、英語trialの訳語としての「裁判」も、裁判所が行う拘束力を持つ判定として、用語が定められ、定着したものであり、言葉の流れをたどれば、「宰判」→「宰判所」→「裁判所」→「裁判」ということになるのでしょうか。

こんな具合に、制度上定着している用語の発祥地を尋ねてみるのも、興味深いことです。

2014年1月14日 (火)

格助詞の「格」を分類すると・・・

小中学生のとき教わった国文法。付属語である「助詞」の中に「格助詞」という分類があることを、皆さんは学んできたものと思います。

それでは、この格助詞の「格」って何でしょうか?

英文法では、「主格」「所有格」「目的格」と三つの格について教わった人が多いでしょう。しかし、日本語の名詞は曲用による格変化を持ちません。自立語である名詞・代名詞(体言)に格助詞を後置させることで、格を表現します。このあたりまでは、拙著『介護職の文章作成術』に掲載しましたので、お読みになった方もあろうかと思います。

それでは、おのおのの格助詞はどのような「格」を表すのでしょうか?

・「が」→主格

・「の」→属格(=所有格)

・「を」→対格(=直接目的語に続く)

・「に」→与格(=間接目的語に続く。対格の文節を伴う)・処格(=間接目的語に続く)

・「で」「にて」→処格・具格(=直接目的語に続く)

・「へ」→処格

・「から」「より」→離格(=間接目的語に続く)・奪格(=間接目的語に続く。対格の文節を伴う)

・「と」→共格(=主語と同格の目的語に続く)

一口に「格」と言っても、これだけの種類があります。皆さんはご存知でしたでしょうか?

長くなりますので、それぞれの格助詞が文中でどのような位置付けになるのかは、項を改めて述べたいと思います。

2014年1月 6日 (月)

ら抜き言葉

2014年、あけましておめでとうございます。

今年最初のエントリーは、国語の勉強から始めましょう。

意識しないうちにもしばしば使ってしまう言い回しの一つに、いわゆる「ら抜き言葉」があります。「起きれる」「食べれる」「来れる」など。これらは文法的に「破格」(規則にのっとらないこと)の語法に含まれますが、広義の「可能動詞」の一種と見なされています。

可能動詞とは、もともと五段活用だった動詞が、「・・・できる」の意味を表すために、下一段活用を併せ持つようになったものです。

たとえば「書く」という動詞は五段活用で、「書かない・書こう(未然)」「書きます(連用)」「書く(終止)」「書くとき(連体)」「書けば(仮定)」「書け(命令)」となります。

しかし、これが可能動詞の「書ける」になると、下一段活用に転じ、「書けない(未然)」「書けます(連用)」「書ける(終止)」「書けるとき(連体)」「書ければ(仮定)」となります。可能動詞に命令形はありません。

さて、それでは「ら抜き言葉」の場合はどうでしょうか? たとえば「起きる」は上一段活用の動詞です。この動詞に「・・・できる」という可能の意味を持たせるのであれば、文法的には「起きられる」とするのが正しい用法です。語幹の「起き」に可能の意味の助動詞「られる」を接続させて、一つの文節を構成します。

そして助動詞「られる」は下一段活用で語形変化しますから、「起きられない(未然)」「起きられます(連用)」「起きられる(終止)」「起きられるとき(連体)」「起きられれば(仮定)」となります。

「食べる」のような下一段活用の動詞、「来る」=カ行変格活用の動詞も、同様に助動詞「られる」を接続させて、「食べられる」「来られる」とするのか一般的です。

これが唯一絶対の正しい語法であれば、問題は生じません。職場研修でたとえば、「渋滞がなかったので、会社まで無事に来れましたよ」などの「ら抜き言葉」を使った新人や若手社員に対し、上司や先輩が、「来られましたよ(「ら入り言葉」)と言え!」と注意すれば良いだけのことです。

しかし、ことはそのように単純ではありません。書き言葉はともかく、話し言葉における「ら入り言葉」の奨励には、下記のような問題が含まれています。

(1)文脈にもよるが、「ら入り言葉」を使用することで、かえって別の意味に受け取られてしまう恐れが生じる。たとえば「Aさんは保管した書類を調べられます」と言った場合、「受動」の意味に誤解されるかも知れないし、「B先生はタバコをやめられる」と言った場合、「尊敬」の意味に誤解されるかも知れない。

(2)地域にもよるが、可能の意味を表すには「ら抜き言葉」のほうが標準であり、「ら入り言葉」のほうがむしろ破格だとされてきた方言も少なくない。たとえば上の例を関西弁に当てはめると、「調べれる(可能)」「調べられる(受動)」「調べはる(尊敬)」になるであろうか? 少なくとも話し言葉に関しては、「ら抜き言葉」を標準語としない(1995年、国語審議会)からと言って、使用すること自体を批判するのは乱暴である。

(3)日本語の乱れを正すことは当然であるが、同時に言葉は時代によって移ろう「生きもの」であることも認識すべき。ある年代以降の世代で「ら抜き言葉」が多数派となりつつあるのであれば、それを踏まえた国語の標準化も、将来的には必要になるであろう。

このような事情ですから、話し言葉に関しては、単純に「ら入り言葉」のみが正しい語法だとは言えないのが現実なのです。

ただし、「ら抜き言葉」が標準語とされていない以上、書き言葉においては回避するべきでしょう。拙著『介護職の文章作成術』P.39には、「ら抜き言葉」を「誤り」とはしないまでも、「文章として格下げである」と述べておきました。公式な文書などでは特に気をつけたいものです。受け取った相手が守旧的な人物であれば、「ら抜き言葉」を目にして、書いた人(組織)の品格まで見下げてしまうことがないとも限りません。

たった一つの語句であっても、その言葉をめぐる状況、読み手の受け止め方まで思いを致して記述することが、「伝わる文章を書く」ことになるのです。

2013年10月18日 (金)

浅き夢見じ?

NHK木曜時代劇で、ジェームズ三木氏脚本の「あさきみめみし」というドラマを放映しているようです。これは「いろは歌」の終わりのほうに出てくる文句ですが、ふと思ったのは、これはもともと「浅き夢見し」「浅き夢見じ」のどちらだったんだろう? という疑問です。

色は匂(にほ)へど 散りぬるを

我が世 誰ぞ常ならむ

有為(うゐ)の奥山 今日(けふ)越えて

浅き夢見し(?) 酔(ゑ)ひもせず

おそらく文法的にどちらが正しいかと言えば、「見じ」のほうなのでしょう。いろは歌の成立は遅くとも平安朝中期であり、当時の古代日本語の終止形は「見き」になると思われます。作者がだれかはともかく、この定説に基づいて推論すると「見し」ではなく「見じ」、すなわち、「浅き夢見じ酔ひもせず」で、「浅はかな夢など決して見ない、(世間の俗事に)酔いもしない」という意味になるのですね。

しかし他方で「見し」説が捨てがたいのも確かです。何しろ47字を一文字ずつ使って一つの思想を表す(仏教の諸行無常の教えであると言われますが、必ずしも断定できず、思想背景には諸説あります)という至難の詩作です。表現に無理が生じたとしても理解できないことではありません。もし「見し」という言葉がすでに俗語としてでも使われていたのを、作者がそのまま使用したと仮定すれば、「浅き夢見し酔ひもせず」で「浅はかな夢を見てしまったなあ、もうこれからは(世間の俗事に)酔わないぞ」の意味であった可能性が考えられるのです。

海音寺潮五郎の作品に「浅き夢見し」という小説があります。これは江戸時代前期の流転の公子、田中半蔵を描いた短編ですが、海音寺の短編集には「浅き夢見じ」の解釈にも言及した上で、主人公が自分の半生を「浅き夢見し」と振り返ったことを注記してあります。

たった一文字の発音をめぐる解釈の違いですが、切り込んでみると奥深い味わいがあるようです。

2013年9月16日 (月)

口のきき方で介護を変える!(4)

(前回から続く)

ところが、このように表現すると異論が出そうです。「自分の本質から発する自然な言葉で(P.14)」と言っているのに、たとえば「皇国の輸贏(P.184)」などの会話事例は、何十年介護の仕事をしていても、人によっては全く出会わずに終わってしまうような話ではないか? いったいどこが自然体なのか? という疑問が出てくるかと思います。

そういう質問をする方に対して、逆にお聞きしたい。

「本当に利用者のほうがこのレベルの用語を使ってきたら、どうするんですか?」

現実に対応しなければならないのは、介護従事者のほうなんです。そういうときのために、頭の中のボキャブラリーを増やしておいたほうがお得ですよ、ということなんですね。私自身も機械とか電気とか、理系の用語をポンと言われても、多くはその意味がわかりません。そのような場面に遭遇したら、いったん引き上げて自分で調べるしかないのです。そこで知らないまま過ごせば、次にその言葉が誰かの口から出てきても、わからないままなのですから。

他方、たとえば「暑い日が続きますね」のような時候のあいさつなどは、文中に記述してありません。社会人として、どの業界にいても当たり前の、小学生レベルで習得しなければならないような内容の解説に、貴重な紙数を割いてくれるほど余裕のある出版社でもありませんので・・・^_^; 密度の濃い内容になっていると自負しています。

まあ、ぜひお買い求めになってお読みください!

2013年9月 8日 (日)

口のきき方で介護を変える!(3)

(前回から続く)

この新刊書については、正月明けから「3月末発刊」と予告していたのですが、世に出るのが5か月も遅れてしまいました。皆さんにお詫びしなければなりません。

それというのも、元原稿を出版社側が閲読したところ、「内容がケアマネジャー向けに偏り過ぎている」という結論になり、大幅な書き直しをしなければならないことになったからです。その間、5~6月には本業の繁忙期にさしかかり、8月には会社の決算書提出と時期が重なったこともあって、最終的な脱稿が遅延を余儀なくされました。

結果として、広く介護従事者全般に参照していただける内容に仕上がったので、改作して良かったと考えています。なお部分的にはケアマネジャーや相談援助職向きの節もあります。私自身がケアマネジャー、あるいはソーシャルワーカーとして仕事をしてきましたから、その立場で「支援者」として話している事例が結構あります。また、「話し言葉」を扱った書籍なのですから、実際に介護されている家族や、その人たちの近くにいる一般の方々にも活用していただきたいと希望しています。

ここで扱った事例は、自分の身内を除けば、原則としてすべて架空事例・加工事例です。類似の2~3事例を合成したものが一番多いですね。たとえば家族設定はAさんで会話の流れはBさん、疾患はCさんで場面設定はDさんで会話の流れはEさん、といった具合です。何しろ27年間で400家族以上を「支援」の対象としてきましたから、類似した会話・やりとりの場面はいくつも経験してきました。誰か一人、一家族を特定できるものでは決してないことを、ご理解ください。

実は、私は口下手です。ですから同書に掲げた会話事例は、「何とかコミュニケーションを円滑にしたい」という「話下手の苦労」から生まれた成果だと言えます。実際に私と話した人からは、話し方は丁寧だが結構ストレートな物言いをする人だ、との評をいただくことがあります。繕ったり、ごまかしたりしていても、表現がヘタクソな自分の前では物事が進展しないという反省から、核心に斬り込んでいく話し方が、自然に身についていったような面があります。

(次回へ続く)

2013年8月31日 (土)

口のきき方で介護を変える!(2)

(前回より続く)

その方は80代、歩行困難で寝たきり状態の女性でした。入浴目的で短時間の通所介護を利用していましたが、たいへん頭の低い方で、介護する職員に対していつも「お世話になっています」と丁寧語で話しかけていました。他方、介護する側の職員はほとんど、この方に対してタメ口をきいていて、丁寧語で話していたのは私だけでした。

家庭介護が難しくなり、この方が施設入所することになって、私がお役御免のあいさつに出向いたときに、「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな、というのは、あなたのことですね。○○大学卒の人なのに、本当に丁寧な言葉でお話ししてくれました」と言われました。短期記憶もあいまいだった人なのに、どこで聞いたのか、私の学歴まで知って記憶していたのです。

利用者の認知症が進んでいるから「どうせすぐ忘れるんだろう」などと思って、相手を軽んじた言葉遣いをしている介護従事者は、大いに反省すべきでしょう。認知症が進んだ利用者も、介護する職員が自分を人間として尊重しているのかを、しっかり観察しています。私たちは、利用者の理解力・判断力がいかに低下していても、その目を恐れなければなりません。常に私たちは顧客から評価されているのです。その評価の大きな指標の一つが、「口のきき方」ということになるでしょう。

しかし、すでに述べているように、私たちの介護業界、さらに広く保健・医療・福祉業界では、一部の事業者を除き、業界全体として「口のきき方」の研修教育ができているとは言い難いのが実情です。これでは一般市民から、「介護の人たちは、どうせあのレベルだから・・・」と見なされてしまうのがオチでしょう。「だったら、報酬だって安くても良いよね?」。

今回の私の新刊書も、このような実態に対する危機感から、世に出すことになりました。

Photo

(続く)

2013年8月23日 (金)

口のきき方で介護を変える!(1)

一昨日、いつも通っている鍼灸師さん(看護師さんでもあります)のところで、マッサージを施療してもらいました。私は肩こりが著しく、本当は最低でも月一回行きたいのですが、それだけの収入がないので(涙)、5~7週間に一回のペースになっています。

さて、施療中に鍼灸師さんと話していて、「最近はあいさつの一つもできない介護職員が増えた」という話題が出ました。この方はいくつかの施設とリハビリの契約を結んで訪問し、ニーズを持つ利用者に施療+リハビリを実施しているのですが、行き先の施設の職員の中に、主任クラスでさえ、「こんにちは」などの基本的なあいさつができない人が、何人もいるというのです。来客を見かけてもどこのどなた様かわからない新人職員ならともかく、定期訪問者とは何度も顔を合わせているはずの責任者クラスが、そんな体たらくでは、その施設のレベルが知れてしまいますね。

私の周囲にも、マナーというより話し方ができていない職員が少なくありません。利用者に対して、家族に対して、あるいは事業者同士で。些細な言い間違い、的確な表現がすぐ出てこない言い淀みや、ブロークンな言葉遣いなどは、もちろん私自身にもよくあることで、お互いさまですが、それ以前の「口のきき方」ができていないのでは、介護業界全体が市民から低い評価を受けてしまいます。介護業界職員の多くは、自分が言われる側であれば不快になるという想像力さえ、働かないのでしょうか?

一般企業の間では、「口のきき方」の問題は若い人たちだけの課題のように言われています。介護業界では、と言うよりもっと広く、保健・医療・福祉業界では、そもそも、話し言葉のマナーなど何も教えてこなかった医療機関や福祉施設が多かったのです。医療技術、福祉(相談援助)技術、介護技術が先にあって、患者・利用者がサービスを受益できればそれで良し、としてしまう感覚。これが業界の多くの指導者を誤らせ、基本的な社会人としての振る舞いができない職員を多数作りだしてしまったと言うことができるでしょう。すなわち、業界を通しての教育研修システムの課題。世代の問題ではありません。

私は「専門バカ」になることの価値を否定するものではないのです。話し方が横柄だったり粗雑だったりする業種、たとえば一部の技能職の人たち(いわゆる「職人肌」)の中には、言葉遣いは低レベルでも仕事はしっかりやる人が大勢存在します。しかし、その人たちの多くは直接的には「モノ」を扱う仕事。介護関係の業種はヒューマン‐サービス、すなわち「人」に直接向かい合う仕事です。ケアマネジャーなどの相談援助職しかり、医療職しかり、リハビリ職しかり、介護職しかりです。どの職種を切り取って考えても、コミュニケーションの最大の手段である「口のきき方」が低レベルであって良いはずはありません。

「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」という言葉をご存知でしょうか? 人間として豊かな、すぐれた品格の人物ほど、言葉遣いが丁重で姿勢が低いという意味を表します。私は宮仕えのとき、認知症が進んでいた一人の利用者の方からこの言葉をいただいたことがあります。

(続く)

2013年6月13日 (木)

朝食中に北欧の海賊が登場する怪?

昨日は介護労働安定センター静岡支部で一日、「記録の書き方」の講義をして、帰宅後にブログを綴ろうとしたところ、PCの不具合が生じてしまい、更新が一日遅れの今日になってしまいました(次回は20日の更新予定になります)。

さて、その講義の中で、いわゆる和製英語の話をしたのですが、私がときどき気になる言葉の一つが、「朝食バイキング」。

バイキング(viking)とは、中世北欧諸国の海を雄飛した海賊のことです。海賊といっても、海上貿易を展開する地元の豪族がそのまま転身した例が多く、組織的な侵略活動によりヨーロッパ中の国々を恐れさせ、現代のいくつかの国々の文化的基礎を築きました。

英語圏の人に「バイキング」と言えば、この北欧の海賊のことを意味します。したがって、「朝食バイキング→viking breakfast」と言うと、頭に角の付いた甲をかぶり、刀剣をひっさげ、立派なヒゲを生やした男たちが、朝食のときに登場するの? という、わけのわからない話になってしまいます。

「客が自由に取り分けて、食べたいものを食べる」のは、英語で「ビュフェ=buffet」。朝食の場合なら、「buffet(style)breakfast」が正解。

私は老母が家に居ることもあり、県外へ泊まりで出かけることが少ないのですが、ホテルを選ぶときには、洋食のコンチネンタル+ビュフェがあるところを原則にしています。ゆったりした雰囲気で、パンや卵料理やコーヒーを味わって楽しむ。これがお出かけの醍醐味だと思っていますので。

日本人同士で話すときには、和製英語でも差し支えないのですが、英語圏の人とコミュニケーションを取るときには、本来の英語で何と言うのか、確認してからしゃべるように気をつけたいものですね。

P.S. 更新が一日遅れた関係で、いつもお世話になっているmasaさんが、ご自身のブログ『masaの介護福祉情報裏板』でちょうど、「モラルハザード」の和製英語を濫用するおかしな人たちについて言及されているのを目にしました。「モラルハザード」については、私も『介護職の文章作成術』P.88~89に記述してありますので、ご関心のある方はお読みください。

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント