西洋史

2022年3月24日 (木)

ロシアのウクライナ侵攻に思うこと

2月24日、ロシアがウクライナに侵攻を開始してから、はや一か月になる。

この間、多くの論者がこの国際的な大事件について、さまざまな視点から報じてきた。

「後出しジャンケン」のつもりはないが、いろいろな素材が出揃ってから何か言おうと思っていた(正直なところ、仕事が超過密だったため、エントリーを書く余裕が無かったのだ)。昨日はウクライナのゼレンスキィ大統領が国会でオンライン演説をしたこともあり、一つの節目の時期となったので、私が着目すべきだと考えるいくつかの論点を整理してみたい。

(1)一方的な侵攻への非難は当然である
まず、これまでの経過はともかく、
ロシア・プーチン政権はゼレンスキィ政権のウクライナの領土へ一方的に侵攻し、多くの民間人を殺傷しており、かつ、それを自国の防衛のためと称して正当化している。主権国家が自国の利益のために他の主権国家を暴力で屈服させようとすることが、許されない暴挙であることは言うまでもない。世界の多くの人々がウクライナの国民を励まし、声援を送り、戦禍で亡くなった人たちを悼むことや、ロシアの現政権を非難することは、ごく自然だ。私自身も同じ気持ちである。

(2)「プーチンは悪」「ゼレンスキィは善」と断じるのは不適切だ
しかし、それだからと言って、この衝突に至る過程で、ウクライナ側の挑発がなかったことを示すものではない。日本の公安調査庁「国際テロリズム要覧」では、ロシアの極右過激組織「ロシア帝国運動」に触れるとともに、ウクライナの愛国者で形成される「アゾフ大隊」にも言及している。信頼筋からは、この愛国者組織がロシア系、親ロシア側の住民を殺害した情報も寄せられている。それぞれの組織が外国人戦闘員たちも抱えて相手方と戦闘を繰り返し、ついに今回の侵攻を招いた次第だ。いわば双方の相互作用が憎悪を増幅させたものであり、単純な善悪をもって論じるのは早計である。もし一方的に、プーチン氏が悪魔でゼレンスキィ氏が正義の味方だと思っている人がいたら、それは日本的な「二分割思考」の罠(さらに踏み込んで表現すれば「俳優ゼレンスキィ劇場」のプロパガンダ)にはまっているのだ(もちろん、対するロシア政府側のプロパガンダの問題もあるが...
)。国際政治は「相互作用」「謀略戦の応酬」からエスカレートして実際の戦争に至ることや、いまやサイバー攻撃などの情報戦が戦闘の前段階になっているのが常識であることを、私たちは知るべきであろう。

Ukraina

(3)各国はそれぞれの思惑で動いている
今回、かなり危機が迫るまで「当事者(ウクライナ)不在」の感があり、第二次世界大戦前のチェコスロヴァキアに似ている。プーチンvsバイデンの応酬が取り沙汰されていたのにもかかわらず、ゼレンスキーの名前は侵攻直前までほとんどの日本人に知られていなかった。米国・英国・フランス・ドイツ、そしてロシア寄りの中国・インドも、それぞれ自国・自陣営の利害のために動いている。純粋にウクライナ国民の最善を願って連帯を表明していた国は、どこにも存在しなかった。今後も原則的には同様な経過をたどることは自明だ。

(4)難民受け入れの門戸を広げよ
日本の法務省はもともと、朝鮮戦争の余波を懸念して、難民受け入れにたいへん消極的であった。インドシナ戦争の終末期(1975年)、欧米諸国の要請に押される形で、ようやく多くのインドシナ(ヴェトナム、カンボジア、ラオス)難民を国内に受け入れた。ところが、その後はまた門戸を閉ざしてしまっているので、クルド人など国際的に「迫害されている民」であることが明らかな人々でさえ、容易に難民認定されない状況が続いている。政府は「純血主義」に傾く右派・保守派の影響を受け、いつ起きるかわからない朝鮮半島有事を恐れて、国際的な信用を損じる愚策を採り続けてきたのだ。この機会に、ウクライナのみならず、世界各地から日本へ逃れてくる被弾圧民族を、新たな仲間として受け入れたらどうか? 家族ぐるみで来日する人たちの定住は少子高齢化対策にもなるのだから、一石二鳥ではないか。

(5)私たちは国際経済への影響を先読みすべき
私自身、いわゆる「経済オンチ(「オンチ」は差別用語ではなく自虐の呼称。念のため)」であるので、将来の予測は経済評論家たちの論考を頼りにするのが通例だ。しかし、そんな私でも、ロシアとの貿易途絶によるダメージ、たとえば小麦の供給減少による食品価格の上昇、原油価格の高騰によるガソリン・石油製品価格の上昇、パラジウムの輸入経路変更(おそらく今後は、価格の高い品が中国経由で入ってくる)による自動車価格の上昇により、身近な市場に大きな影響が及ぶことなどは、容易に予測できる。買い占めなどの独善的行為はもちろんいけないが、国民各自が自衛のため必要な物品の調達は、早目にしておくことが大切であろう。

(6)日本は安全保障の観点から、あくまでもウクライナを支持すべき
いま、日本がロシア、中国、北朝鮮などの友好的でない国々から侵攻されないのは、米国(核保有国)との同盟関係にあるからに他ならない(はっきり言って憲法九条は役に立っていない)。論者の中には、日本は中立的立場でロシアとウクライナとの和平に貢献すべきだと言う人たちがいる。もちろん、NATO加盟国であるトルコが試みたように、可能な範囲で何らかの仲介ができれば、それに越したことはない。しかし、ロシアへの経済制裁やウクライナへの人道支援に関しては、米国や西欧諸国と歩調を合わせるべきなのだ。いま、それをしなければ、今度は日本が安全保障上の危機にさらされた場合、どの国にも(状況によっては「同盟国」米国にさえ)支援してもらえないと思っていたほうが間違いない。たとえ国民生活に大きな影響が及ぶとしても、私たちの平和国家へそれ以上の甚大な結果をもたらさないために、国として「旗幟鮮明」にすることが、国際社会から求められている。

以上、言いたいことを言わせてもらったが、異論、反論などもあると思われる。コメントをいただいた場合、応接に値する意見には返信する場合もあるが、内容によっては無視、あるいは削除する場合もあることを、あらかじめお断りしておく。

2021年1月20日 (水)

年鑑を参照しながらの便覧作り

私の趣味の中で、意外と知られていないのが、「世界各国の歴代君主・政権担当者の一覧表」の作成である。

いわゆる歴史書にとってみれば、単なる「付表」の類に過ぎないのだが、私にとっては「時間つぶし」として長年続いているのだ。当初は中学生になったころ。世界主要国の皇帝とか国王とか大統領とかに就任した人たちの歴代表を、一冊のノートにまとめるところから始めているのだから、もう半世紀近くになる。

当時は図書館の事典類を検索しながら地道に作っていたが、現代の世界各国の政権担当者の確認に関しては、高校生になってから便利なツールに巡り合うことができた。それは共同通信社が毎年発刊している「世界年鑑」である。

20201010sekainenkan

母校(浜松北高校)の近くにある書店で、18歳のときから毎年取り寄せ続けているので、すでに40年以上。もちろん、これだけではなく、かつては新聞記事を地道に検索しながら補足してまとめていた。最近はインターネットの情報が充実しているので、そちらを参照することが多いが、それでも国ごとの最近の政治的な潮流をたどるのには、この年鑑を参照するのがいちばん簡便に理解しやすい。何と言ってもドライ‐アイを患っている私にとって、PCを離れ紙媒体の工具書を閲覧する時間は、両眼を少し休める機会にもなっている。

便覧の中身もだんだん本格化して、直近のものは2015年1月作成、前近代編が二冊、現代編が四冊の計六冊と、結構な大部になった。前者ではマイナーな王朝の君主もなるべく掲載して充実を期し、後者では世界全体を四分割して(アジア、西アジア・アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ・オセアニア)、大国や地域大国に関しては元首や政府首班以外の主要ポスト(外交・財務・国防など)の歴代についても掲げている。

仕事の合間に国際情勢を俯瞰してみるのは、私にとってちょっとした息抜きにもなっている。クッキングとはまた別の意味で、今後も長く続けたい趣味の一つだ。

最新版の完成はおそらく2021年末。でき上がった暁には画像アップする予定。

2019年12月15日 (日)

片付け下手の断捨離(6)-世界の歴史等の書籍いろいろ

前回より続く)

私の興味・関心は日本史・中国史にとどまらない。少年時より、広く世界各地の歴史・文化・宗教について学びたく思い、半世紀の間、さまざまな概説書や史伝・史論、文学作品、さらに政治・経済関係などの書籍を買い集めてきた。

シリーズものであったり、ア‐ラ‐カルトであったり、古代から現代まで、アジア・アフリカ・欧米(ヨーロッパや北米)・中南米、そしてオセアニアまで含め、各地に関連する書物群が書庫を満たしている。自分が学生時代にカトリックへ入信したこともあり、比率ではヨーロッパのキリスト教圏関係の割合が多い。

ラテン語、アラビア語、サンスクリット語、あるいはユダヤ語などは、古典中国語(漢文)と違い、読解できないので、原典はさすがに置いていないが、古典(歴史・文学)の訳本はいろいろ入手して読む機会があり、書棚の一角を占めている状態だ。

Sekaishi

書店で実際に手に取ってめくった上で、自分が「ぁ、これ手元に置いておきたい」と思ったら(お財布と相談しながら)買っていたので、古いものはすでに絶版になっている書籍もある。30代以降は近現代の政治史が増えてきたが、このところ、ネットでいろいろ調べられるようになってきたこともあり、新たな購入はまれになった。

とは言え、貯まっている書籍の整理をどうするかは、一つの大きな課題となる。

すぐに手離しても良いのは、時代遅れになっている書籍。ヨーロッパ中心史観を踏まえた史論とか、最新の研究がなされる前の年代前提に記載されている古代の概説書とか。それ以外は、それぞれの分野や主題に関する優れものが多いので、断捨離には悩むところだ。

ただ、いずれ何年か先には、事務所に置いてある介護・保健・医療・福祉関係の書籍を、自宅に移さなければならなくなるだろう。それに備えて、自宅に保存しておいても意味が薄いものから、順次お払い箱にしていこうと考えている。

さて、年末年始も間近なので、「断捨離」の話はいったん打ち止めにして、2月あたりから再開したい。

2018年12月22日 (土)

ヴェルディ歌劇の面白さ(14)

年末だからというわけではないが、業務過密状態になり、このところ夜間・休日返上で仕事を続けていた。そのため、予定していた歌劇のレヴューを、10日も経ってからようやく書き上げている。

先の12月12日(水)、日帰りで東京まで出向き、新国立劇場で歌劇『ファルスタッフ』を鑑賞してきた。

ヴェルディ鑑賞は9作目になるが、「喜劇(...と言ってもヴェルディは生涯に2作品しか喜劇を作曲していないが...)」はこれが初めてである。

指揮はカルロ‐リッツィ(敬称略、以下同)、演出はジョナサン‐ミラー。キャストはファルスタッフがロベルト‐デ‐カンディア、フォードがマッティア‐オリヴィエーリ、アリーチェがエヴァ‐メイ、クイックリー夫人がエンケレイダ‐シュコーザ、ナンネッタが幸田浩子、フェントンが村上公太、メグが鳥木弥生、カイウスが青地英幸、バルドルフォが糸賀修平、ピストーラが妻屋秀和。

20181212falstaff2

リッツィの緩急よろしき指揮のもとに、全体として高水準の上演であり、この歌劇には必須である演技力の高さにも注目すべきものがあった。

デ‐カンディアは体型もファルスタッフにふさわしいが、ブッフォの歌唱力・演技力いずれも称賛もの。オリヴィエーリは掛け合いに長け、「朴念仁の俗物」フォードを好演。メイは劇全体をぐいぐい引っ張っていくアリーチェを見事に歌い切った。シュコーザは大仰な発声と所作とによって扇の要クイックリー夫人を好演。妻屋は脇役ピストーラだったが、いぶし銀の巧みな演技力で存在感をアピールしていた。

満足度から言えば、お金と時間を使って見に行く価値のある上演であった。

『ファルスタッフ』のタイトルロールが生まれた経緯については、以前のエントリーに述べたが、ここに至って新たに気が付いたことが二つある。

一つは、喜劇の中に結構物騒な台詞が隠されていることである。ファルスタッフがアリーチェを口説く場面。"vorrei che Maestro Ford passasse a miglior vita" →「フォードさんがあの世へ行ってくれれば」。劇の舞台になった当時のイングランドはカトリック教国で、原則として離婚が認められていなかった(王侯などでは政略結婚が破綻して離婚することもあったが...)。したがって、ファルスタッフが人妻アリーチェと結婚するためには、夫のフォードを「あの世へ行かせる」、つまり始末するしかない。それを承知した振りをしてファルスタッフやフォードをからかうアリーチェたちは、相当な性悪の女性たちなのだ。

もう一つは、主人公のファルスタッフの霊名「ジョン(John)」が、ワーグナーの喜劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』の主人公ザックスの霊名「ハンス(Hans)」と同じことである(どちらも聖書に登場する「ヨハネ」を意味する)。これは偶然なのかも知れないが、ともに1813年生まれであるオペラ史上の二大巨人が、いずれも後半期には一つしか喜劇を作曲しておらず、しかも主人公の霊名が同じなのは興味深い。ファルスタッフは二人の人妻へ同時に婚活を仕掛けて笑いものになり、ザックスは若い娘への恋情を封印して喝采を受ける。この二人はある意味、紙一重なのかも知れない。

中(?)高年の独身男性である私にも、大いに考えさせられるところがある。そして、私の霊名も同じ「ジョアン(=ヨハネ)」だ。この先の人生に、何か艶っぽい話でも訪れるのかな? 期待しないで(笑)待ってみるか!

...などと思っているうちに、この歌劇の大団円の合唱、「世界中がダジャレだ!」になってしまうのかも知れない(^^;

2018年7月15日 (日)

ヴェルディ歌劇の面白さ(13)

まず、広島県・愛媛県・岡山県をはじめとする、このたびの豪雨災害で亡くなられた方々の安息をお祈りするとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げ、一日も早い復興を願いたい。

そのような中ではあったが、7日(土)、かねてから生で見たいと思っていたヴェルディ初期の作品「ナブッコ」が上演されたので、東京まで鑑賞に出掛けてきた。

普段であれば、数日中にレヴューを書くのだが、そうもいかない事情が生じてしまった。先月から受託を再開した浜松市の要介護認定調査が、先週は7件も集中してしまい、結構時間と手間を取られた。そのさ中、自分の利用者さんの関連でアビューズ(≦虐待)が疑われる事案が2件発生し、対応に労力を消費して、猛暑も加わりいささか体調を崩してしまった。仕事をペースダウンした結果、何とか持ち直したので、ようやくエントリーする運びになった次第である。

さて、本題。

アーリドラーテ歌劇団。読者の中には、この名前を初めて見聞きする方が多いかも知れない。ヴェルディ歌劇の上演を目的とした団体であり、指揮者の山島達夫氏が提唱、プロだけでなくレベルの高いアマチュアの人たちを加えて、2010年に設立した。翌年の旗揚げ公演以来、1~2年に一回のペースでヴェルディ作品の上演を続けている。「アーリ‐ドラーテ」は「ナブッコ」第三幕に登場する合唱曲、「行け、わが想いよ、黄金の翼に乗って」中の「黄金の翼」のイタリア原語である。

36707690_2183223105241332_894926171

指揮および総合プロデュースは山島(敬称略。以下同)、演出は木澤譲。キャストはナブッコが大川博、アビガイッレが鈴木麻里子、ザッカリーアが清水那由太、イズマエーレが青栁素晴、フェネーナは栗田真帆。合唱はヒルズ‐ロート‐コーラス、演奏はテアトロ‐ヴェルディ‐トウキョウ‐オーケストラ。

上演されたのは北千住の「THEATRE1010」。1010を「せんじゅ」と読ませ、しかもビルの商業施設は1010を逆さまにした「○|○|」=マルイなので、ダジャレみたいな名称の建物である。そこの11階が劇場になっている。

冒頭、山島が歌劇の主題について解説。ヴェルディについてあまり詳しくない一般の観客向きではあったが、あえて上演の趣旨に触れたのは興味深かった。

歌唱では、鈴木のアビガイッレと清水のザッカリーアとが圧巻の出来であり、第一幕から最終第四幕まで、この二人が終始劇場を支配して「聴かせる」名唱を披露した。大川のナブッコも安定した歌唱で、タイトルロールを堅実に演じていた。青栁のイズマエーレは一応及第点ながら、どちらかと言えばもう少し重いテノール向きかなと思わせたものだ。栗田のフェネーナは前半不安定感があったものの、後半で盛り返している。

合唱団はアマチュアを含めて総勢34名の乏しい陣容ながら、よく奮闘していた。人数の制約から、同じ人たちがイスラエルの住民になったりバビロニアの兵士になったり、変身するのに結構忙しかった様子だ。入れ替わりのとき、シャツ一枚ぐらい着替える時間はあったと思われるのだが、民の心が信仰に生きたり異教に走ったりする変転のさまを表現するため、どちらの側で歌唱するときにも、あえて同じ服装のままにしたのではないかと、演出の意図に気が付いた。「アーリ‐ドラーテ」の由来となった第三幕の合唱は、いわば上演の看板の箇所だけに、一糸乱れぬ名演であり、満場の拍手がしばらく鳴りやまなかった。

ハプニングは、第三幕終了直後に地震があったことだ(震度3。千葉県東部で震度5弱)。ビルの11階なのでかなりグラッときた。余震が来ない様子だったので、アナウンスを受けて観客も混乱せずにみな留まり、少し遅れたものの第四幕が粛々と再開された。再開直後の演奏に不安定さが感じられなかったのはさすがである。

プログラムを見ると、この歌劇団は財政基盤が弱いのにもかかわらず、ヴェルディ歌劇を普及させて文化的なコミュニティ再生に寄与するため、活動を続けているとのこと。上述の通り、海外有名オペラの引っ越し公演に比べても、決して見劣りがするレベルではないので、愛好家が増えることを心から願いたい。私自身もまた機会があれば、アーリドラーテが企画する何かの演目を鑑賞に行こうと思っている。

2018年2月17日 (土)

ヴェルディ歌劇の面白さ(12)

前回から続く)

(9)シモーネ‐ボッカネグラ(= Simone Boccanegra/?-1363)

ヴェルディ中期の歌劇『シモン‐ボッカネグラ』(1857初演)のタイトルロール(主人公)。
ジェノヴァ共和国の有力市民の家系に生まれ(父親は市長)、海上貿易の保安任務に携わっていた。1339年に平民勢力から推挙されて、初代ドージェ(国家元首)に選出され、平民と貴族との融和を図るべく尽力、国の内外を安定に導いた。しかし1344年、シモーネは貴族勢力の圧力により降板させられる。1356年に再選された後は、貴族側に強圧的な姿勢で臨んで恨みを買い、宴会の席上、ワインに毒を盛られて暗殺された。

ガブリエーレ‐アドルノ(= Gabriele Adorno/1320-83)はシモーネの没後、貴族勢力に推されてドージェに就任した。ただし、歌劇中のシモンの娘との恋愛や、そこに貴族フィエスコが絡む展開も虚構。他方、第二幕のシモンの語りの中に、人文主義者のペトラルカや、ローマのリエンツィの名前が登場するのは興味深い。

この台本はピアーヴェが書いたのだが、政治と家庭との狭間で悩み苦しむ父親の姿や、男と男の心理的な対決を活写しようとしたヴェルディの意図を十分反映できず、フェニーチェ劇場での初演は失敗に終わった。それから四半世紀近くの後、1881年、アッリーゴ‐ボーイトが手を加えた改訂版が大成功を収め、今日までヴェルディの傑作の一つとして、しばしば上演されている。

(10)グスタヴ3世(= Gustav Ⅲ/1746-92)

ヴェルディ中期の歌劇『仮面舞踏会』(1859初演)の主人公。
スウェーデンの王子で、1771年に父の後を継いで国王に即位。貴族層が支配していた身分制議会を廃止して、行政権や公職任免権を奪取、富裕な商人や農民層の支持を受け「啓蒙専制君主」として絶対王政を展開した。対外的にはロシアに譲歩せず、強国の地位を保ったが、そのために国家財政は危機に陥った。政策反対派の貴族たちは陰謀を企て、仮面舞踏会の最中、彼は反対派の一人アンカーストレーム(= Jacob Johan Anckarström/1762-92)により暗殺された。女性占い師ウルリカ‐アルヴィドソン(= Ulrica Alfvidsson/1734-1801)が数年前に暗殺を予言していたことが取り沙汰され、ウルリカは当局から調査を受けたが、事件と無関係なことが判明して放免されている。

アンカーストレームが自分の妻と国王との親密さに関する誤解から暗殺行為に走ったとの設定は創作である(真の理由は逆恨みだとも言われるが、未詳)。また臨死の国王が彼を赦免したのも劇中の作話であり、実在のアンカーストレームは反逆罪で処刑された。他方、ウルリカの予言は史実から脚色されながらも、歌劇第一幕の盛り上げどころに活用されている。

ヴェルディにとってこの歌劇は新たな境地に至る画期の作品だったが、当局の検閲によって舞台をボストンに変更することを余儀なくされ、グスタヴ3世は「ボストン総督リッカルド」、アンカーストレームは「秘書レナート」になった。今日ではこのボストン版が上演のスタンダードであるが、もとのグスターヴォ(グスタヴ)3世に戻したスウェーデン版もときに上演されている。

(11)ドン‐カルロス(= Don Carlos de Austria/1545-68)

ヴェルディ中期の歌劇『ドン‐カルロス』(1867初演)のタイトルロール(主人公)。
スペイン国王フェリーペ(フィリップ)2世(= Felipe Ⅱ/1527-98)の長男。王位継承を期待されていたが、身体が不自由で病弱でもあり、短絡的な思考が目立つ人であった。大審問官(カトリックの宗教裁判所長)を憎んで殺害を企てたことがあり、また、大貴族フェルナンド‐デ‐アルバ(ネーデルランドの弾圧者)もを嫌悪していたため、プロテスタント教徒たちに同情し、ネーデルランド行きを計画して失敗。怒った父王により幽閉され、ハンストにより23歳で死去した。

イサベル‐デ‐バロイス(エリザベート‐ド‐ヴァロワ= Isabel de Valois/1545-68)はフランス王アンリ2世の娘で、フェリーペ2世の王妃になったのは史実通りだが、フォンテーヌブローでの出会いから破局の場は創作である。ただ、カルロスが同い年の義母と親しかったのは事実で、イサベルはカルロスの死を悲しんで夭折したと言われている。カルロスの教育係ルイ‐ゴメス(= Ruy Goméz de Silva, Duque de Estremera/1516-73)は劇中のロドリーグのモデルで、カルロスにネーデルランド統治への関心を持たせた人物。その妻であったエボリ公夫人アナ‐デ‐メンドーサ(= Ana de Mendoza, Princesa de Éboli/1540-92)は夫の没後、フェリーペ2世の宮廷で活躍するが、後には謀略に加担した罪で失脚している。

シラーはこのカルロスの生涯をスケールの大きな戯曲『スペイン王太子ドン‐カルロス』に描いており、これをヴェルディが素材に選んでパリ‐オペラ座のためにフランス語版の歌劇を作り上げた。台本はジョゼフ‐メリが手掛け、その没後にカミーユ‐デュ‐ロクルが継承して完成。
カルロス、フィリップ、イサベル、ロドリーグ、エボリ、大審問官らは史実といささか異なるにせよ、劇中ではそれぞれの個性を十分に発揮している。また、結末をカルロスの逮捕で終わらせず、祖父カルロス5世の再来を思わせる修道士がカルロスを保護して修道院の中へ連れ去る、超自然的な収束にしたことも、一つの大きな工夫であろう。保守と自由、政治と恋愛、カトリックとプロテスタント、現実と理想など、さまざまな対立をはらんだ構図のもとに、この作品は人間の心の奥深くを見つめた傑作となった。

(12)あの「世界中がダジャレだ!」の太ったノーフォークの老騎士、『ファルスタッフ』(1893初演)のモデルは誰だったのだろうか?

シェイクスピアが中世の騎士ジョン‐オウルドカースル(= Sir John Oldcastle/1378-1417)をモデルにして、戯曲の原稿を作成していたところ、実在のオウルドカースルからかけ離れた人物像になっていたため、子孫から抗議を受けた。そのため同時代のジョン‐ファストルフ(= Sir John Fastolf/1378-1459)の名前に変更し、戯曲の設定も一部は後者の人生を反映させる形に直したため、二人を重ねた主人公フォールスタッフが、原作の戯曲『ウィンザーの陽気な女房たち』に登場することになってしまった。

オウルドカースルは王太子時代のヘンリ5世と親しかったのだが、異端とされたロラード派の指導者となって失脚し、逃亡して反乱を企てるも失敗、捕えられて処刑された。他方、ファストルフはまさに「ノーフォークの老騎士」には違いなかったのだが、放蕩者ではなく武将として活躍、また文書収集や学校建設の企画などに力を注入した人なのである。シェイクスピアはこの二人を合成しつつ、どちらの人物像とも異なる新たなキャラ「サー‐ジョン‐フォールスタッフ」を創作したのだ。

ヴェルディは最後の歌劇の素材にこのフォールスタッフを選び、ボーイトが台本を書いた。すでに高齢になったヴェルディ自身、疲れから作曲が停滞することもあったが、一人ひとりの台詞に独唱や重唱を絡ませながら丁寧に曲を付けており、すべての登場人物への愛情が感じられる。ミラーノ‐スカラ座での初演は大成功で、拍手が鳴りやまなかった。

以上、ワーグナーとヴェルディの作品に登場する実在人物を紹介してきた。両者の素材選びは、全く傾向が異なるものもあり、逆に同時代の人物をそれぞれの視点から作品化したものもあり、対照してみるとなかなか面白い。また、人物を大枠で史実に沿って登場させたものや、虚構を積み重ねて史実とは似ても似つかぬ人物像になったものもあるので、歴史ドラマ同様に、「本当はこんな人だった」という実像と比較しながら、楽劇や歌劇を味わってみるのも一興であろう。

2018年2月14日 (水)

ヴェルディ歌劇の面白さ(11)

前回から続く)

(5)マクベス(= Macbeth/1005頃-57)

ヴェルディ前期の歌劇『マクベス』(1847初演)のタイトルロール。
中世前期のスコットランドでは、王位をめぐる抗争が絶えず、王族マクベスは嫡流の王位継承権を持つ寡婦グロッホと結婚、1040年に無能な国王ダンカンを殺害して力で王位を獲得し、1043年には政敵バンクォウ(= Banquo)も殺害した。他方で彼は信仰心に篤く(在位中にローマ巡礼をしている)、武勇すぐれた国王であったが、晩年には貴族たちの離反を招き、1057年に至ってダンカンの息子マルコム3世(= Malcolm Ⅲ Canmore/1031-93)により攻め滅ぼされた。

シェイクスピアが宮廷作家として戯曲『マクベス』を書いたのは、ダンカンとバンクォウとの共通の子孫に当たるジェイムズ1世が、スコットランドから入ってイングランド王を兼位した時期である。そのため彼は、王の先祖二人を殺したマクベス・グロッホ夫妻を悪人に貶めることで、新王の治世を寿(ことほ)いだのである。かくして「民心を失って滅びた暴君」マクベスと、「稀代の悪女」マクベス夫人との、虚構カップルができ上がった。

歌劇もシェイクスピアが描いたこのマクベス夫妻の姿を継承している。ヴェルディ自ら本腰を入れて精力的に創作を進めたので、台本を担当したピアーヴェの仕事に不満を持ち、アンドレア‐マッフェーイが筆を加えた。初演は成功したものの、この歌劇は登場人物の内面に踏み込んでいるため、数十年の間は評価が定まらなかったが、いまではヴェルディ前期の歌劇の中で、比較的上演が多い作品となっている。

(6)トリブレ(= Triboulet /1479-1536)

ヴェルディ中期の歌劇『リゴレット』(1851初演)のタイトルロールのモデルになった人物。
脊椎側弯症だったが、技芸を積んで宮廷道化師となり、フランスのルイ12世、ついでフランソワ1世(= François Ⅰ/1494-1547。フランス‐ルネサンスを代表する君主)に仕えて高名になった。フランソワ王に同伴してイタリアにも来訪している。後代、宮廷の禁令に違反して王の怒りを買い、危うく処刑を免れたが、宮廷から追放されてしまった。

この人物を題材に、ユゴーが戯曲『王様はお愉しみ』を執筆。放蕩貴公子のフランソワ王(実像とは異なる)がトリブレの娘を弄び、怒ったトリブレの復讐が娘の死を招く悲劇である。ヴェルディはヴェネツィアのフェニーチェ座公開予定の歌劇にこの題材を選び、ピアーヴェに台本を書いてもらったが、当局による検閲のため、主人公をリゴレット、フランソワ王をマントヴァ公に書き改め、ようやく上演に漕ぎつけた。

ヴェルディがこの素材から人間の愛憎を主題に選んだことは確かであるが、サブテーマはやはり、悲劇に襲われる社会的被差別者に対する共感である。この流れはリゴレット(障害者)に始まり、『トロヴァトーレ』のアズチェーナ(非定住民)、『椿姫』のヴィオレッタ(娼婦)と続き、少し間を置いて『運命の力』のドン‐アルヴァーロ(南米先住民)で頂点に達する。史実からかけ離れたとは言え、「社会派」作曲家のヴェルディが本領を発揮する入口になった傑作と言えよう。

(7)マリ‐デュプレシ(= Alphonsine PlessisまたはMarie Duplessis/1824-47)

ヴェルディ中期の歌劇『椿姫』(1853初演)の主人公のモデルになった人物。
ノルマンディ出身。パリに出て仕立屋奉公をしていたが、ある料理店オーナーの愛人になったのを皮切りに、その美貌から次々とパトロンを獲得、彼らの支援を受けて教養を付けた。詩や音楽に堪能で、椿の花を愛好し、影の社交界でドゥミ‐モンド(=高級娼婦)として一世を風靡する。アレクサンドル‐デュマ‐フィスと恋愛関係にあったが、彼と別れた二年後、肺結核のために新たな恋人とも破局を迎え、孤独のうちに23歳で死去した。

デュマ‐フィスはマリとの体験を基にして小説『椿姫』を執筆、主人公の名を「マルグリート‐ゴティエ」に変え、相方を「アルマン‐デュヴァル」とした。さらにヴェルディがこの小説をフェニーチェ劇場(ヴェネツィア)から依頼された新作歌劇の題材に採用、主人公と相方とは再度名前が変わり「ヴィオレッタ‐ヴァレリー」「アルフレード‐ジェルモン」になった。台本はピアーヴェが作成。

歌劇は「社会派」のヴェルディらしく、若い二人の純愛とそれを阻むもの、との図式。ヴィオレッタと独善的なジョルジョ‐ジェルモン(アルフレードの父)との「対決」にドラマの中核を据える、ヴィオレッタがアルフレードと再会した後に息を引き取る設定にする、などの見せ場作りが奏功して、この歌劇は世界的に愛され、上演回数の多い作品となった。薄幸だったマリ‐デュプレシも、もって瞑すべし、と言うべきか。

(8)ギー‐ド‐モンフォール(= Guy de Monfort/1244-91)

ヴェルディ中期の歌劇『シチリアの晩鐘』(1855初演)の重要登場人物。
イングランドの出身。英国議会の元祖と称されるシモン‐ド‐モンフォールの四男。シチリアを征服して王位に即いたフランス王弟シャルル‐ダンジューの重臣になるが、イタリアに滞在していた仇敵ヘンリ‐オヴ‐アルメインを教会内で暗殺してしまったため、逮捕されて破門の憂き目に遭う。後にシャルルのシチリア王国へ戻ったものの、1287年にアラゴン王国との海戦に敗れて捕虜となり、解放されないまま没した。

歌劇のタイトルにもなっている、1282年に起こったシチリア住民のフランス支配への反乱「シチリアの晩鐘」事件には、ギーは直接関係していないが、この反乱の指導者として登場する医師ジョヴァンニ‐ダ‐プローチダ(= Giovanni da Procida/1210-98)は、事件を主導した実在の人物である。

破門歴などから、ギーには悪い印象が定着していたようだ。歌劇では前国王の処刑や島民への暴政など、主君シャルルが行った負の行動がすべてギーの所業にされ、反乱で殺される悪代官の役回りにされてしまったのは、気の毒な話。他方、プローチダは劇中、強固な意思で国の独立へ突進する役を担い、巻き込まれる人たちの悲劇を織り成している。

ウジェヌ‐スクリーブが作った台本の筋立てそのものをヴェルディは嫌っており、パリ進出のため不承不承受け入れて作曲するに至った。しかしながら、この歌劇は後の『ドン‐カルロス』や『アイーダ』へ発展するグランド‐オペラの形式に挑戦したヴェルディ過渡期の作品として、評価されるべきであろう。

次回へ続く)

2018年2月11日 (日)

ヴェルディ歌劇の面白さ(10)

歌劇に登場する主人公や重要登場人物のうち、歴史上実在した人について、現実の人物像を紹介するエントリー。

今回からはG.ヴェルディの作品である。

(1)ネブカドネザル2世(Nabû-kudurri-uṣur Ⅱ/紀元前634頃~前562)

ヴェルディ初期の歌劇『ナブッコ』(1842初演)のタイトルロール(主人公)。
バビロニア王国・カルデア王朝二代目の国王。父王ナボポラッサルを補佐して対外戦争を指揮、カルケミシュの戦(前605)でエジプト軍を撃破し、翌年には父の後を継いでバビロニア王となり、エジプトと交戦を繰り返した。前587年にはエルサレムを包囲してユダ王国を滅ぼし、多くのユダヤ人をバビロンに連行して強制移住させたが、これが「バビロン捕囚」である。領土拡大により通商の拠点を押さえ、首都バビロンでは土木事業を興してイシュタル門などを建設した。

歌劇の台本は旧約聖書『ダニエル書』の記述、ネブカドネザルがエルサレム征服後に(ユダヤ教の)神を信じたという伝承(おそらく虚構)を踏まえ、テミストークレ‐ソレーラが創作したものである。妻子を失った直後、最悪の精神状態だったヴェルディだが、支配人から押し付けられた台本を読んで次第に興味を示し、作曲を完成、成功を収めた。

自ら台本を書いたワーグナーと違い、ヴェルディはもっぱら作曲する人だったので、初期や前期の台本はヴェルディの意図をあまり反映していない。しかし、この歌劇は「偉大な神のはからいへの賛美と回心」を契機に、どん底にあったヴェルディが立ち直ることができた貴重な作品である。史実のネブカドネザルはユダヤ教の信仰とは無縁の、きわめてドライな政治家だったから、皮肉な話であるが...

(2)フランチェスコ‐フォスカリ(= Francesco Foscari/1373-1457)

ヴェルディ前期の歌劇『二人のフォスカリ』(1844初演)の主人公。
中世ヴェネツィア共和国の有力な家系に生まれ、1423年にドージェ(国家元首)に選出。34年もの長い間ヴェネツィアを統治し、その間、スフォルツァ家のミラーノ公国との戦争で大きな功績を上げた。しかし、晩年に息子のヤコポが汚職と対敵通謀のかどで十人委員会(もともと元首の独裁を阻むために創設された評議機関であるが、このころには委員会自体が強大な権力に変貌していた)から有罪とされ、クレタ島に配流、客死する。フランチェスコはその後もドージェの地位に留まったが、息子の罪を理由に十人委員会から廃位され、翌日に死去した。

フランシスコ‐マリア‐ピアーヴェの台本は、史実を反映させたバイロンの叙事詩に基づいたもので、かなり荒削りで評価はあまり高くないのだが、それにもかかわらず、ヴェルディの音楽は中・後期の作曲につながる独創的な構成により、フランチェスコとヤコポ夫妻との家族愛や苦悩を活写する作品に仕上げている。

(3)ジャンヌ‐ダルク(= Jeanne d’Arc/1412頃-31)

ヴェルディ前期の歌劇『ジョヴァンナ‐ダルコ』(1845初演)のタイトルロール。
日本ではジャンヌの名前を知らない人のほうが珍しいので、略歴は割愛する(^^;

歌劇の台本はシラーの原作を基にソレーラが書いたのだが、史実から大きく改変されてしまった。ジョヴァンナ(ジャンヌ)が悪魔の誘惑によってフランス王シャルル7世と恋に陥りそうになり、怒った父親ジャコモの差し金で敵の捕虜となるも、恋愛感情を克服したジョヴァンナの本心を知ったジャコモによって解放され、戦場に赴いて戦死する話。当然のように、上演の結果は多くの観客が納得するものではなく、不評であった。ヴェルディが一応売れっ子の作曲家になったとは言え、いまだ与えられた台本に依拠して作曲せざるを得なかった時期の、不運な作品の一つと言えよう。

(4)アッティラ(= Attila/406頃-453)

ヴェルディ前期の歌劇『アッティラ』(1846初演)のタイトルロール。
434年、伯父の後を継いでフン族の王になった(445年頃までは兄ブレダと共同統治)。437年にはヴォルムスを攻撃してグンダハール(「ワーグナー楽劇の面白さ(11)」参照)のブルグント王国を滅ぼし、ライン川からカスピ海に至る大帝国を建設、ヨーロッパ一帯で「神の鞭」と言われて恐れられた。しかし、451年にはカタラウヌムの戦でローマの将軍アエティウスと西ゴートの連合軍に敗れ、452年にはローマ侵攻へ向かう途中、軍団に疫病が発生したらしく、ローマ教皇レオ1世との会見を機に撤退している。不本意な膠着状況の中、453年に急死。子どもたちの後継者争いから、大帝国はまもなく瓦解した。

ローマの将軍アエティウス(= Flavius Aetius/391-454。劇中ではイタリア語読みのエツィオで登場)も、ローマ教皇レオ1世(= Leo Ⅰ/400-461。劇中では老人レオーネとして登場)も、アッティラに対峙した代表的な人物である。
歌劇の台本はヴェルディ自身の提案を受け、ソレーラが書き始めたが、彼が途中で仕事を投げ出したため、ピアーヴェが引き継いだ「つぎはぎ」の台本になってしまい、公演を重ねて成功を収めるまでに時間がかかった。
劇中でアッティラは北欧の神々の信者になっているが、これは虚構で、フン族の宗教についてはよくわかっていない。また、アッティラが家来に裏切られ、妃(劇中ではオダベッラ)に殺されるのは、俗説を受けたもので、史実では飲酒の後、鼻から大量出血したことにより死亡している。
しかし、ローマの将軍やローマ教皇が登場してアッティラを破滅に導く筋立ては、イタリアの愛国者たちから喝采を受けた。ヴェルディ自身も、中期の傑作へ結び付く管弦楽の手法をこの作品で披露し、先への見通しを開いたのである。

次回へ続く)

2018年1月30日 (火)

永遠のローマ?

家の中を整理していると、思いがけないものを発見することがある。

昨年末、冬になったので防寒具を出そうと、あまり出し入れしなかった引き出しを開けてみたところ、奥のほうにしまい込んであったものを見つけた。

それは、画像のマフラーである。

Muffler

17年前、ローマへ巡礼したとき、西欧は4月下旬にもかかわらず、季節外れの寒波に見舞われていた。到着して早々、マフラーを持って来れば良かった! と後悔した私は、取り急ぎ、カゼをひかないうちに調達しようと、衣類を扱っている店に立ち寄ったのだが、店の人からは、もう時期的にマフラーを置いていないと言われ、

「サッカーの店へ行きなさいよ!」

と告げられた。そもそもサッカーに縁のなく、サポーターのグッズについて無知だった私は、聞き間違いかな?と思いながら、半信半疑でサッカー用品を扱う店を訪れ、マフラーがあるか尋ねたら、店の人がこれを出してきたのだ。

「ここはローマだから、ローマ(=ASローマ。セリエAのクラブチーム)のマフラーを買ってくれ!」

こう言われたので、とにかく何か襟巻の類さえあれば良かった私は、一も二もなくこれを購入した。

さて、このマフラーを首に巻き付けてローマ市内を観光していると、現地の若い人たちがこれに注目したらしく、近くに寄ってきた。

「あなたは日本から来たの?」

「そうだよ」

「なら、ナカタの応援に来たんだな。きのうナカタが一点入れたぞ!...」

早い話が、当時ASローマで活躍していた中田英寿選手を応援するためにイタリアまで来たものと、勘違いされてしまったのだ! 「いやいや、私はただの観光客なので...」とその場を逃れたのだが...(^^;

イタリアではサポーターたちの地元クラブチームへの思い入れは、相当熱が入っているようだ。ま、「永遠のローマ」の象徴であるオオカミのシンボルを用いているこのチームは、日本のJリーグのチームよりもずっと歴史が古いのだから、当然かも知れないが...

そんな面白いエピソードを持つ一品だが、帰国後、大切にしまい込んで、使わないままになっていた。先の12月になって、偶然これを発見したので、寒波が厳しいこの冬の防寒具として重宝している。

さすがに日本では、サッカーのサポーターおじさんと間違われることはないだろうが、私がこれを着用して道を歩く姿は、若い人たちの眼には結構アンバランスに映っているかも知れない。

当分、冬の間は「永遠のローマ」仕様で行こうかと思っている(^^)v

2018年1月 8日 (月)

ワーグナー楽劇の面白さ(11)

前回から続く)

(4)ハンス‐ザックス(= Hans Sachs/1494-1576)

ワーグナーの楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』(1868初演)の主人公。
ニュルンベルクに生まれ、靴屋の修行を終えて各地を遍歴、帰郷してから靴屋の親方として独立する傍ら、詩や論文を次々と発表した。宗教改革ではルター(ルーテル)派を支持したため、カトリック側の市当局から作品の出版禁止処分を受けるが、のちに解禁されて創作活動を再開。作品は実に多様で、歌曲、詩作、劇作、散文など数千にのぼる。家庭的には不幸で、子どもたちや妻に先立たれ、晩年に若い寡婦と再婚、その後はおもに叙情詩を書いた。劇中第三幕で群衆が合唱する「ヴィッテンベルクの鶯」の詩は、ザックス自身の作品にほかならない。

劇中に登場するマイスターたちも実在の人物である。ハンス‐フォルツ(= Hans Folz/?-1513)は外科医・理髪師であり、マイスターの組合規則を一新させ、ザックスの先駆的人物となった。劇中ではコケ役にされているジクストゥス‐ベックメッサー(= Sixtus Beckmesser)は年代記に名前だけ登場するが、活躍した時期や事績は知られておらず、他のマイスターたちも多くは無名である。
現実にはニュルンベルク市当局の統制下の一組合に過ぎなかったマイスタージンガーたちだが、ワーグナーは彼らを市全体の仕切り役として誇大に位置付け、ドイツ芸術を賛美するとともに、国家の統一を後押しする作品に仕上げた。
ナショナリズムの色彩が強い楽劇であるだけに、後世に及ぼした功罪が取り沙汰されるが、ザックスをはじめとするマイスターたちは、いまでも古きヨーロッパに対する私たちのノスタルジーを湧き立てる存在だと言えよう。

(5)ブルンヒルド(= BrunichildまたはBrunhilda/543頃-613)

ワーグナーの楽劇『ワルキューレ』(1870初演)の主人公で、『ニーベルングの指環』全編を通しての重要登場人物。
この人が実在の人物だと聞いて驚く読者があるかも。「エッ? ブリュンヒルデって北欧神話のワルキューレじゃなかったの?」 実は話が逆で、12世紀頃のアイスランドにおいて『古エッダ』『ヴォルスンガ‐サガ』などの神話・伝説が文章化された時期、虚構のワルキューレの中へ、現実の王妃の姿が投影されたと考えるのが正しいようだ。
西ゴート(スペイン)の王女として生まれ、フランク王国の分邦であったアウストラシア国王ジギベルト1世に嫁いだが、実姉や夫を殺害した仇敵であるネウストリア王妃フレーデグンデや、その息子クロタール2世と抗争を繰り返した。実質的なアウストラシア女王として権力を掌握、政略再婚も辞さない強力な権謀術策を駆使し、自ら甲冑を着け馬にまたがり、武器を携えて戦場へ赴いている。義兄のブルグント王グントラムと結び、その没後は両国を事実上支配下に置き、ヴォルムスを都としたが、クロタール2世の偽計にかかって捕えられ、家族もろとも惨殺された。

ゲルマン民族の「戦う女性」の代表だったブルンヒルドは、北欧神話の世界アイスランドから、13世紀に成立した叙事詩『ニーベルンゲンの歌』によって、ブルグントへいわば里帰りを果たした。
ワーグナーはおもに『ヴォルスンガ‐サガ』を題材に『指環』を構成しているが、「権力の争奪」が主題の劇中で、ブリュンヒルデは強い良心や信念に基づいて行動する女性として登場する。史実では権力に執着した彼女が、『指環』では逆に権力争奪の混乱を終結させる役割を担うのも、皮肉な話である。

(6)グンダハール(= GundaharまたはGundikar/?-437)

ワーグナーの楽劇『神々のたそがれ』(1876初演)の重要登場人物。
劇中のグンターとは異なる勇猛果敢な君主であった。はじめはローマ帝国の同盟部族長としてガリア東部(いまの仏・独・スイスにまたがる地域)を統治していたが、413年頃にヴォルムスを都として、ライン川沿岸にブルグント族の独立国家を形成する。野心家のグンダハールはさらに勢力拡大を目指して北の低地地方へ攻め入ったため、危機を感じたローマの将軍アエティウスはフン族の王アッティラに救援を求めた。アッティラの騎馬軍団は大挙してヴォルムスを攻撃、グンダハールはおもな部下たちとともに戦死し、ブルグント王国は滅亡した(数年後に再建)。

史実では彼の6代後の子孫に当たるグントラム(独立ブルグント最後の王)の義妹・ブルンヒルドとは時代が違うから、二人が夫婦になる設定は全くの虚構なのだ。
とは言え、このグンダハールもブルンヒルド同様、アイスランドで『ヴォルスンガ‐サガ』中の「グンナール」として伝説に取り込まれ、叙事詩『ニーベルンゲンの歌』では「グンター」としてヴォルムスに里帰りした。ゲルマンの勇将も叙事詩では優柔不断な国王として描かれ、『神々のたそがれ』に至っては、ハーゲンに操られて身を滅ぼす哀れな殿様に貶められている。
ワーグナーの意図は、権力の争奪に翻弄されて進むべき道を見失う人たちの姿を描くことだったから、グンターには個性の強いブリュンヒルデ、ジークフリート、ハーゲンの間を右往左往するコケ役を割り当てたのであろう。天国のグンダハールは苦笑しているかも知れない(^^;

さて、少し間を置いて、こんどはヴェルディ歌劇に登場する実在人物たちの姿を追ってみよう。

フォト
無料ブログはココログ
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他のアカウント